Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ドメイン取るなら
独自ドメインを取るなら、以下の二つがお奨めです
ムームードメイン  
RECENT COMMENTS
輸入食材、色々揃います
レシピで紹介している食材が見つからないとき。お近くの成城石井か、ネットで!
RECENT TRACKBACK
をお探しなら
レシピで紹介している肉類が見つからないときに
ARCHIVES
LINKS
ワインをお探しなら
レシピで紹介している料理とあわせるワインが見つからないときには、以下の 4つのサイトを比較検討してみてください
PROFILE
チーズを、お探しのときに
レシピで使っているチーズが、見つからないときに。
OTHERS
RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理、エスニック料理のレシピの紹介}

格安レンタルサーバー
低価格、大容量、安心のレンタルサーバー
グルメレシピはロリポップで運営しています
qrcode
PC 買うなら
PC 買うならドスパラが、お奨め、Sivajiも、数台、ここでカスタマイズして使っています
区切り線

フランス料理(フレンチ)レシピ、イタリアンレシピ 赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピ

フランス料理(フレンチ)、イタリア料理、エスニック料理のレシピ、赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピを紹介しています。

<印刷される方へ>
印刷される方のためにサイドバーやコメントは印刷されないように設定しています。普通にブラウザから印刷下さい。
タイ風 レッドカレー
タイ風レッドカレー

タイ風 レッドカレー

タイ風のレッドカレーです。なかなか本来使う香草などが手に入らないので、市販のセットを使い、それに風味を増すために手を加えています。
かなり辛めのレシピになっていますので、辛いのが苦手な方はトウガラシの量を減らしてください。
また、セットについているココナッツパウダーだけでなく、ココナッツミルクも足しているので、リッチな仕上がりになっています。

[1] レッドカレーペーストを作る
  1. ニンニク 1かけを、みじん切りにします
  2. 生姜のみじん切りを、大匙 1 つくります
  3. クロックにニンニク、生姜、乾燥トウガラシ 9本、コリアンダーの粒 小匙 1 を加え、ペースト状になるまで潰します。(下記写真参考)
    レッドカレーペーストを作る
[2] 野菜の下準備
  1. 赤ピーマン 1個を千切りにします
  2. しめじ 1P は軸を取り、ばらばらにしておきます
[3] レッドカレーを作る
  1. 市販のレッド・タイカレーのベースを用意します
  2. 鍋にココナッツミルク 140ml を沸騰させ、[1] のペーストと、市販のベースで最初に入れるとなっている物を入れて煮ます
  3. 牛肉 150g (薄切り)を加えます。(今回は、ポトフの残りの筋肉を使いました)
  4. 10分ほど煮て、シメジ 1P を加え、水 400ml を加え、市販のセットのココナッツパウダーを入れます
  5. 20分ほど煮て、市販のセットのナンプラと、別途、ナンプラを 大匙 2 〜 3 加えて赤ピーマンの千切りを 1個分加えます
  6. 5 分くらい煮て、濃度を、お好みの濃度まで煮詰めます
[4] タイ米を炊く
  1. レッドカレーを煮ている間に用意します。ジャスミンライス(タイ香り米)、一人分 50ml を洗います
  2. たっぷりの湯を沸かし、タイ米を加え、蓋をして一気に煮立てます
  3. 10分ほど煮て、湯を捨て、鍋に米だけを残し、蓋をして 3分、蒸らします
[5] 盛り付け
  1. 暖めたボールや椀にレッドカレーを入れます
  2. 皿にタイ米を乗せて完成です
    レッドカレー、タイ米と共に

タイ料理は、現地在住が長かった、あかあかや先生曰、コーラと食べる物だそうですが、まあ、ビールなら、行けると思います。

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ
 
| エスニック(過去ログ) | 09:40 | comments(4) | trackbacks(0) |
中華風スペアリブのロースト
中華風スペアリブのロースト

中華風スペアリブのロースト

本来、今日はフレンチ・肉料理を掲載する順番なのですが、掲載予定のレシピで少し実験したいことが見つかったので、急遽、中華(ここではエスニックにカテゴリーしています)にしました。
中華のスペアリブでは、北京料理にある京都排骨(スペアリブの唐揚げにソースを絡めたもの)が、なによりの好物なのですが、これは自分では作れないので簡単なものをと母に教えてもらったレシピを自分なりに作り変えたものが、この中華風スペアリブのローストです。
漬け込んだスペアリブをローストするだけの、お手軽料理です。

[1] 豚肉と野菜の下準備
  1. 漬けダレを作ります。以下の分量で、おおよそ、スペアリブ 2パック(12本程度、約 500g 程)ですが、大目に作って余ったら冷蔵しておいてもいいでしょう。
    分量に幅があるものは、甘目が好きな人、香りが強いのが好きな人、ニンニクの風味が好きな人は、それぞれ多いほうの分量でどうぞ。

    • 醤油 大匙 3
    • 紹興酒 大匙 1.5
    • 砂糖 小匙 2〜3
    • 五香粉 小匙 0.5 〜 1
    • ニンニク擦りおろし 小匙 2 〜 3

  2. スペアリブに軽く塩をして、5分ほど置いておきます
  3. チンゲンサイの茎を取り、葉だけにします。茎は炒め物に使うか、別に、これにつけあわせても結構ですが、火の通りが違うので、別々に炒めた方が、美味しいでしょう
  4. 別に、ニンニク と生姜の千切りを、それぞれ、小匙 1 程度作っておきます
  5. 漬けダレに塩をしたスペアリブを漬け、2時間程度、置いておきます。途中、ひっくり返したりして、まんべんなく漬かるようにしてください
  6. 中華スープを小匙 1 程度、湯で溶いておきます
  7. プチトマトを 3コほど、1/2 カットしておきます
[2] スペアリブをローストし、チンゲンサイを炒める
  1. 漬け込んだスペアリブを ごま油を塗ったバットに取り、220℃のオーブンで 10分ローストします
  2. 10分後、オーブンから取り出し、漬けダレにくぐらせて、さらに、10分ローストします
  3. 10分後、オーブンから取り出し、肉の味を見て、味が薄ければ漬けダレにつけて、充分なら、そのまま、10分、暖かい所で休ませます
  4. 10分休ませたら、オーブンに 5分ほど入れて暖めます
  5. その間に中華なべを熱し、ごま油を入れ、チンゲンサイを手早く炒め、生姜、ニンニクを加え、中華スープを加えてあえます。
    仕上げに、ごま油をかけます
  6. 暖めておいた皿にチンゲンサイを盛り、プチトマトを散らし、スペアリブを盛り付けて完成です

中華ですので、紹興酒がベストですが、ビールでも、いけます。ワインでも、赤の中程度のものなら、いけるとは思いますが、中華には紹興酒を、お奨めします

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ
 
| エスニック(過去ログ) | 16:22 | comments(4) | trackbacks(0) |
鶏腿肉のチリ・イン・オイル炒め
鶏腿肉のチリ・イン・オイル炒め

鶏腿肉のチリ・イン・オイル炒め

タイ語では、ガイ・パット・メット・マモアン・ヒムマパンと長い名前の、鶏腿肉をタイの味噌で炒めた料理です。唐辛子を一緒に食べると、かなり辛い料理になりますが、食べなければ甘味と旨味の強い料理になります。
チリ・イン・オイルが手に入らないと作れない料理です。昔はスーパー、百貨店でも手に入ったのですが、最近、スーパーでは見かけません。ただネットで購入できるようですので、手に入れてみてください。

[1] 下準備
  1. タマネギ 1/2 個はくし型に切ります
  2. 赤ピーマン 1/2 個は、半分に切って中の種、ヘタを取り除き、8mm幅くらいに切ります。長さが長いようだと半分にしてもらっても結構です
  3. サヤインゲンは 10本ほど、端っこを切って、包丁を斜めに入れるように半分に切ります
  4. しめじ 1P は、石づきを切っておきます
  5. ニラ 1/2 P は 5cm の長さに切ります
  6. ニンニク 1かけをみじん切りにしておきます
  7. チリ・イン・オイル(ナムプリック・パオ)大匙 2.5〜3 杯とナンプラ 大匙 1杯を混ぜ合わせ、合わせ調味料を作っておきます。(甘いのが好きな人はこれに砂糖を少量加えても構いません)
    チリ・イン・オイル

  8. 鶏腿肉 1枚はそぎ切りにしておきます
[2] 作り方
  1. 中華なべに乾燥唐辛子 10本を入れ、油を多めに(大匙 3程度)加え、弱火で唐辛子の辛味と香りを油に移すように加熱していきます。焦がさないようにしてください
    唐辛子の香りを油に移す

  2. 油に香りが移ったら、タマネギを加え、軽く炒めます。炒まったら、タマネギと唐辛子はお皿に取リ出しておきます。(油は鍋に残すように)
    タマネギを炒める

  3. 中華なべにニンニクを加え、鶏肉を加え、炒めていきます。ある程度、火が通ったら、合わせ調味料の 1/2 を入れ、しっかり混ぜ合わせます
    鶏肉を炒める

  4. 先ほど炒めたタマネギと唐辛子を戻し、赤ピーマン、しめじ、サヤインゲンを加え、少し炒めたら残りの合わせ調味料を加え、さらに炒めていきます
    残りの野菜を炒める

  5. ニラを加え軽く炒めて完成です
    最後にニラを加えて炒める

調味料の分量は、好みで変えてください。唐辛子を鶏肉と一緒に食べると、辛党の人は満足できると思いますが、普通の人は、やめたほうがいいでしょう。尚、唐辛子はできるだけ辛いものが、お奨めです。以前は乾燥プリッキーヌが販売されていたのですが、これも最近、見かけません。韓国産の唐辛子は辛味があまり強くないとのことなので、日本産か中国産を使うと良いでしょう。

炒める油はサラダ油で結構ですが、私は 1/3 くらいごま油を使っています。
また、最後にカシューナッツやネギを加えても美味しいです。
尚、調理途中の写真は完成品とは違うときに撮影したものなので、赤ピーマンのかわりに白ネギを使っています。
一緒に炒める野菜も、タマネギとニラとシメジ(キノコ)を外さなければ、自由に楽しんで頂いて結構です。


 
| エスニック(過去ログ) | 12:42 | comments(4) | trackbacks(0) |
トム・カーガイ(鶏胸肉のココナッツミルク煮)
トム・カーガイ

トム・カーガイ (鶏胸肉のココナッツミルク煮)

タイ料理のココナッツミルク味の鶏のスープです。レモングラスの茎、バイ・マックルー(コブミカンの葉)は簡単に手に入らないので省略、ふくろ茸はシメジで代用しています。

[1] 基本のペースト作りと下準備

トム・カーガイの材料

  1. 生姜を 5枚程度、薄切りにします
  2. 唐辛子の酢漬けなどを適量、乾燥唐辛子適量を用意します。分量は唐辛子の辛さを考え、仕上がりの辛さなど好みで調節して下さい。プリッキーヌを使うと、辛くなります。(私は、プリッキーヌ 3本、プリック・バンチャン 2本、乾燥唐辛子 2本を使っています)
  3. シメジ 1P は石づきを切っておきます
  4. 鶏胸肉 1枚は皮をはぎ、薄切りにしておきます
  5. パクチーの葉を取っておきます。茎は半分をペーストに、半分をスープに入れます
  6. 以下の材料をクロックに入れて潰していきます。
    レモングラスの茎が手に入れば、ここで一緒に潰します。

    • 生姜 3cm角
    • ニンニク 大 1かけ
    • コリアンダーの実(小匙 1/2程度)
    • パクチーの茎(適量)

  7. レモンは種が入らないように絞っておきます。およそ、大匙 3.5 ほど使います
  8. ナンプラを大匙 2.5 程、用意しておきます
[2] トム・カーガイをつくる
  1. 鍋に、水 100ml 、鶏の皮、ペースト、生姜の薄切り、唐辛子、パクチーの茎を入れ 10分ほど煮ます
  2. ココナッツミルクの缶(大)を加え、シメジを加えます。ココナッツミルクは寒いときなど固まっているので、湯を入れて綺麗に全部、鍋に移してください。シメジを加えて弱火で 10分ほど煮ます。沸騰するとあふれて来るので火加減など注意して下さい
  3. 最後に胸肉を加え、10分ほど煮て、レモン汁、ナンプラで味をつけます。レモン、ナンプラの分量は、お好みで変えて下さい
  4. 最後にパクチーの葉を乗せて完成です
 
| エスニック(過去ログ) | 14:16 | comments(4) | trackbacks(0) |
ヤン・ヌア(タイ風牛肉サラダ)
ヤン・ヌア(タイ風牛肉サラダ)

ヤン・ヌア(タイ風牛肉サラダ)

タイ風牛肉サラダのヤン・ヌアです。辛さはドレッシングで調節出来ますが、私のレシピは相当辛いです。(ただし、トウガラシの種類を変えると同じ分量でも辛さはましになると思います。甘さ、酸、辛さはお好みで調節してください。)

[1] 肉をマリネする
  1. クロックに適当に切ったニンニク 1カケ分を入れ、ペースト状まで潰します。(すりおろしても構いません)
  2. そこにナンプラ 小匙 1、シーズニングソース大匙 2 を入れ、混ぜ合わせます
  3. バットに 2 のソースを半分入れ、牛腿肉 150g〜180g 一枚を置き、その上に残りの 2 のソースをかけ 15分くらい漬け込みます
[2] ドレッシングを作る
  1. クロックにコリアンダー(種のホール)、パクチーの茎の荒切り適量、ニンニク 1カケ〜 2カケ分、乾燥トウガラシ 3本、酢漬けのハラペ−ニョ 半分をすり潰します。
    (辛いのが、お嫌いの方はトウガラシの量を控えるか、辛くないトウガラシを使ってください)
  2. すり潰したところに、砂糖 小匙3、レモン 3/4 個分の絞り汁、ナンプラ 大匙 1、を入れ、よく混ぜ合わせます。(酸味、甘味、塩味はそれぞれお好みで)
    ヤン・ヌアのドレッシング

  3. 酢漬けのプリッキーヌや自家製の酢漬けのハラペーニョが手に入らない場合は、ネットなどでハラペーニョ酢漬けの購入してください。


[3] 野菜の準備
  1. 玉ねぎ 1/2 個は薄切りにして水にさらして置きます
  2. トマト 1/2 個は薄切りにしてボールにいれ、塩を軽くしておきます
  3. セロリは皮を剥いて、適当な長さに切って薄切りにします
  4. キュウリは適当な長さの棒状に切ります
  5. パクチーの葉を適量、取っておきます。(茎はドレッシングに使います)
  6. 水を切った玉ねぎ、セロリ、キュウリはトマトを入れてあるボールに入れ、冷やしておきます
[4] 肉を焼いて盛り付ける
  1. 牛肉についている余分な潰したニンニクをとって、魚焼き用のグリルや、グリエ用のフライパンでロゼに焼きます
  2. 少し肉を休ませてから肉を薄切りにします
  3. お皿は冷やしておきます
  4. 冷やしておいた野菜にドレッシングをかけ、しっかり混ぜ合わせ、冷やしておいた皿に盛り付け、その上に肉を盛り付け、最後にパクチーを盛り付けます

 
| エスニック(過去ログ) | 16:34 | comments(8) | trackbacks(0) |
豚肉のにんにくあえ、ピリ辛ソース(蒜泥白肉)
豚肉のニンニク和え ピリ辛ソース

豚肉のにんにくあえ、ピリ辛ソース(蒜泥白肉)

赤坂の四川飯店や、昔何度か行ったことのある台湾の四川料理店で、よく食べた料理です。
私自身、まず中華は作らないのですが、これだけはニンニク大好きな私なので、たまに作ります。
中華の項目が無いので、エスニックに入れていますが、四川料理になります。
実家の母が中華料理を作ってくれるときは、これと京都排骨(北京風スペアリブ)、麻婆豆腐が定番になっています。

[1] ピリ辛ソースを作る
  1. 下記のものをボールなどに入れていく。順番は気にしなくていいです
    • ニンニクすり下し 大匙 1
    • 豆板醤  小匙 2
    • 紹興酒  小匙 2
    • 砂糖   小匙 3
    • 辣油   小匙 3
    • 醤油   小匙 5
    • 五香粉  少量
  2. 上の材料をよくかき混ぜます。完成すると、下のような写真になります。分量はお好みで変えてください。
    ピリ辛ソース
[2] 調理
  1. 豚ばら肉の薄切り(200g 程度)を沸騰した湯に入れて、ほぐします
  2. 豚肉を入れると湯の温度が下がりますので、その状態で茹でます。ブクブクと沸騰した状態にならないようにしてください。沸騰した湯で茹でると固くなりますので
  3. 茹で終わったら湯を切って、ピリ辛ソースと和えます。お皿に盛り付け、周りにプチトマトなどを飾って下さい
  4. 尚、本来のこの料理は、豚バラ肉の塊を調理し、それを薄切りにするものです。本物は是非、四川飯店などの四川料理店でオーダー下さい

紹興酒がベストですが、ビールでもいけます。ワインは強いニンニクと醤油、豆板醤、辣油の香りに負けてしまうのでもったいないです。神の雫でキムチにあわせるワインが書かれてましたが、わざわざキムチにワインをあわせなくても白酒などで楽しめば良いだろと個人的には思ってしまいます。
ワインは汎用性の高い酒ですが、何でもあうものでもなく、結局、地の料理には地の酒を楽しむのが一番です。

 
| エスニック(過去ログ) | 12:33 | comments(12) | trackbacks(0) |
パッカパオ・ムー(豚ミンチのバジル炒め)

パッカパオ・ムー(豚ミンチのバジル炒め)


タイ料理のパッカパオを。私は檄辛党なので、私のレシピは相当辛いです。トウガラシペーストの量などで調整してください。
パッカパオ完成品

[1] 下準備
  1. まずはトウガラシペーストを作る。→作り方
    使うのは大匙 2杯程度。(辛いのがダメな人は控えめに。)
    (尚、トウガラシペーストまで潰さなくても、ミキシングして軽く潰したものでも充分です。)
  2. 玉ねぎ 3/4コ、ニンニク 1カケをみじん切りにする。
  3. 鞘インゲンはヘタを取り、半分に切る。(切り口が斜めになるように)
  4. シーズニングソース大匙 2.5杯、ナンプラ大匙 1杯、砂糖小匙 1杯を合わせておく。分量はお好みで。尚、私はおかずとして作っているので、私の中では味は濃い目になっています。
  5. フレッシュバジル 6枚程度をみじん切りにしておく。べつに茎が入っても構わない。フレッシュのタイバジルが入るなら、無論、そちらの方がより良いと思う。
  6. ハラペーニョのフレッシュ 1/4 をみじん切りにしておく。辛いのがダメな人はこれは不要です。

  7. 酢漬けのプリッキーヌや自家製の酢漬けのハラペーニョが手に入らない場合は、ネットなどでハラペーニョ酢漬けの購入してください。



準備はここまで。用意された食材は下記画像。豚ミンチは 200g 程度。
パッカパオ素材
作り方
下準備の後はテフロン加工のフライパン一枚で、出来てしまうので簡単です。
パッカパオつくり中

  1. No1 まずは大目の油を熱し、中火で焦げないように玉ねぎとニンニクのみじん切りを炒め、ある程度経ってから、トウガラシペーストを加えて加熱する。
  2. No2 豚ミンチを加え、同じく中火から少し強火で混ぜながら火を通す。
  3. No3 だいたい、この程度まで火を通す。
  4. No4 No3 程度まで火が入ると、調味料を加えかき混ぜ、水を適量加えて強火で煮詰める。
  5. No5 この程度まで煮詰める。
  6. No6 鞘インゲンを加え、強火で一気に加熱し、フライパンをあおって行く。(画像の一番上の赤く見えるのは炎です。)
  7. 水分がなくなったら、バジルとハラペーニョを加え、少し加熱し、味を見て、調味料を加えて完成。


 
| エスニック(過去ログ) | 21:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
トウガラシのペースト

トウガラシのペースト

タイ料理などに使う唐辛子のペーストの作り方。まずは下の画像をご覧下さい。

トウガラシソース

  1. No1 ロボクープに乾燥トウガラシを入れます。およそ15g 程度。
  2. No2 そこにプリッキーヌの酢漬け4〜5本、ハラペーニョの酢漬け半分を加えます。
  3. No3 細かくなるまでミキシングします。
  4. No4 ミキシングした状態のトウガラシをクロック(後日掲載します)に入れ、主に種を潰す様な感じで砕いていきます。
  5. No5 完成した状態。ラップに小分けして包んでおけば、そこそこ日持ちします。

 
| エスニック(過去ログ) | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) |