Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ドメイン取るなら
独自ドメインを取るなら、以下の二つがお奨めです
ムームードメイン  
RECENT COMMENTS
輸入食材、色々揃います
レシピで紹介している食材が見つからないとき。お近くの成城石井か、ネットで!
RECENT TRACKBACK
をお探しなら
レシピで紹介している肉類が見つからないときに
ARCHIVES
LINKS
ワインをお探しなら
レシピで紹介している料理とあわせるワインが見つからないときには、以下の 4つのサイトを比較検討してみてください
PROFILE
チーズを、お探しのときに
レシピで使っているチーズが、見つからないときに。
OTHERS
RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理、エスニック料理のレシピの紹介}

格安レンタルサーバー
低価格、大容量、安心のレンタルサーバー
グルメレシピはロリポップで運営しています
qrcode
PC 買うなら
PC 買うならドスパラが、お奨め、Sivajiも、数台、ここでカスタマイズして使っています
区切り線

フランス料理(フレンチ)レシピ、イタリアンレシピ 赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピ

フランス料理(フレンチ)、イタリア料理、エスニック料理のレシピ、赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピを紹介しています。

<印刷される方へ>
印刷される方のためにサイドバーやコメントは印刷されないように設定しています。普通にブラウザから印刷下さい。
<< 前菜盛り合わせ | main | パナシェ・ド・ポワソン >>
鴨胸肉のサラダ
鴨サラダ

鴨胸肉のサラダ


前菜盛り合わせのところでもレシピを記載した鴨胸肉のサラダ単品の写真を掲載します。レシピは基本的に同じですが、単品として出すため、もう少し要素を増やしています。

鴨胸肉のサラダ

  1. 鴨胸肉を掃除する。手羽先などは後述するカバブに使う。
  2. 鴨胸肉を皮面に切り込みをいれ、皮面から焼き、全体に焼き色をつける。皮面8割、身の方2割程度。
  3. 180℃のオーブンで ロゼになるまでローストする。
  4. 鴨胸肉は取り出し、暖かいところで休ませる。
  5. ローストした鍋を火にかけ、脂を捨て、コアントロー、バルサミコ酢、白ワイン、赤ワインヴィネガー、塩、胡椒を適量加え、煮詰めておく。

  6. ベビーリーフを洗い、水気を切って、適当な大きさにちぎる。

  7. ロボクープ(フードプロセッサー)に白ワイン、白ワイン酢、バージンオイル、塩、胡椒、エストラゴン(酢漬け)を加え、ソースヴィネグレットを作る。各分量はお好みで。だいたい、酢類:油=1:3〜5。

  8. 5を再度弱火にかけ、鍋をゆすりながら少しずつバージンオイルを加えて行きかき混ぜ、乳化させる。

  9. 切り分けた鴨肉を8に絡める。野菜もソースヴィネグレットに絡めておく。

  10. トマトの角切りを作り、塩をしておく。

  11. 赤ピーマンを長いフォークに刺し、ガスコンロで皮が黒くなるまで焼き、氷水に落として皮をむき、1cm ほどの角切りにしバージンオイルで和えておく。
  12. 野菜、鴨胸肉を盛り付け、トマト角切り、赤ピーマン角切りを乗せ、最後にセルフィーユを飾りつける。

  13. アスパラガスの穂先を茹でたものなどを添えても構わない。

  14. 尚、鴨胸肉の代わりに鶏の胸肉でも可能だが、その場合、鶏肉用のソースには、バルサミコ酢、白ワイン、塩、胡椒、バージンオイルで作れば良い。コアントローなどは使わなくてよい。(鴨なので、ビカラードに習い、オレンジの風味をつけるためにコアントローを使っている。




あわせるワインは鴨ならヴァン・ジョーヌなどがベスト。シャンパン、軽めの赤ワイン(果実味と甘みを感じるもの)がよい。
鶏の場合はミュスカデ、サンセールなど。

 
| 前菜 (過去ログ1) | 02:41 | - | - |