Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ドメイン取るなら
独自ドメインを取るなら、以下の二つがお奨めです
ムームードメイン  
RECENT COMMENTS
輸入食材、色々揃います
レシピで紹介している食材が見つからないとき。お近くの成城石井か、ネットで!
RECENT TRACKBACK
をお探しなら
レシピで紹介している肉類が見つからないときに
ARCHIVES
LINKS
ワインをお探しなら
レシピで紹介している料理とあわせるワインが見つからないときには、以下の 4つのサイトを比較検討してみてください
PROFILE
チーズを、お探しのときに
レシピで使っているチーズが、見つからないときに。
OTHERS
RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理、エスニック料理のレシピの紹介}

格安レンタルサーバー
低価格、大容量、安心のレンタルサーバー
グルメレシピはロリポップで運営しています
qrcode
PC 買うなら
PC 買うならドスパラが、お奨め、Sivajiも、数台、ここでカスタマイズして使っています
区切り線

フランス料理(フレンチ)レシピ、イタリアンレシピ 赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピ

フランス料理(フレンチ)、イタリア料理、エスニック料理のレシピ、赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピを紹介しています。

<印刷される方へ>
印刷される方のためにサイドバーやコメントは印刷されないように設定しています。普通にブラウザから印刷下さい。
<< ストーブ | main | ロボ・クープ >>
ジゴ・ダニョー(羊のモモ肉)のロースト
ジゴダニョー完成品

ジゴ・ダニョー(仔羊モモ肉)のロースト

フランスのビストロでは定番のジゴ・ダニョーのロースト。
向うでは一本のモモ肉をローストして切り分けて食べさせてくれるが、
それは量的にもオーブンのサイズ的にも不可能なので、ブロックで購入したものをローストしてみた。
サイズ的に二回に分けて食べようと切り分けておいたが、食べられるかもと思い両方ローストしたので、肉の塊が二つある。肉一つのブロックの大きさは拳大。
  1. ジャガイモ(メークイーン)を1cm角に切り分け水に晒しておく。

  2. ニンニクは塊で4カケ用意する。

  3. エリンギは棒状に切り分ける。

  4. 芽キャベツは半分に切っておく。

  5. プチトマトはヘタを取っておく。

  6. エシャロットもしくは玉ねぎは適量、串切りにしておく。

  7. ジャガイモの水をよく切り、テフロンのフライパンでバターソテーし、塩、胡椒しておく。ここでは表面を固めるだけで良い。(火を通しすぎると後で崩れてしまう)

  8. ジゴ・ダニョーに塩、胡椒してフライパンで表面を焼き固める。塩、胡椒は全面に行うこと。焼きあがるとペーパータオルで余分な脂を拭いておく。

  9. ココットナベ(なければ土鍋でも良いし、普通の鍋でも良いがなるべく厚手でオーブンに入れられ、フタが出来るもの)にバターを溶かし、中央に生のタイムを敷き詰め、その上にジゴ・ダニョーを置き、周りにニンニクの塊を置き、180℃のオーブンで15分程度ローストする。

  10. 15分立つとジゴ・ダニョーを取り出し、ジャガイモ、エシャロット、芽キャベツを敷き詰め、その上にジゴ・ダニョーを戻し、さらに上からタイムで覆い、周りにエリンギ、プチトマトを置いて、今度はフタをして 15分ブレゼする。

  11. 途中、肉の焼け具合を肉に鉄串を刺して確認する。(肉の中央まで鉄串を刺し、20秒ほど置いておき、引き抜いた鉄串を唇の下に当ててみて、生暖かかったらベスト。冷たいとまだ焼けていない。熱過ぎると火が入りすぎている)
    肉がロゼに仕上がっているようであれば、オーブンから取り出す。(写真は焼きあがった状態)ジゴダニョー、ココットの中身

  12. オーブンから取り出すと、一度、ジゴ・ダニョー、野菜を取り出し、煮汁を別の鍋に移し、そこに白ワインを100ml 程加え、取り出したプチトマト、タイムを加えて煮ていく。
    ココット鍋に肉と野菜を戻し、フタを少しすらした状態で暖かい場所で保温して肉を休ませる。

  13. 煮汁が半量くらいまで煮詰まると、トマトはココットに戻して、ソースを漉す。

  14. 漉したソースに水を少量加え、火にかけながらアクと余分な油を取り除く。

  15. ソースが水を加える前とほぼ同量になったら、味を見て、ソースの濃度が薄いようならフォン・ド・ヴォーかブイヨンを加え、さらに煮詰める。

  16. 塩、胡椒し、バターモンテするか、バージンオイルを加えて乳化させていく。(バターで乳化させてもバージンオイルでもどちらでも構わない。お好みで。)

  17. 肉を切り分け、肉の上に軽く、塩、胡椒し、皿に盛り付けてソースをかけて完成。

仔羊だが脂身が少ないので軽めの赤ワインで楽しめる。特にバージンオイルで乳化させたソースであれば、ボージョレの一級のものや、イタリアの軽めの赤(バルポリチェラ、バルドリーノ、キャンティー、モンテプルチアーノ・ダブルッツォなど)でも楽しめる。
ボルドーワインで楽しみたい場合は、ソースにフォン・ド・ヴォを加え、白ワインの代わりに赤ワインを用い、最後はバターで乳化させたほうが良いかもしれない。あわせるなら左岸だろう。

余談ながら、この時あわせたボージョレ 1erCre ブルイーの 2002 年は、前菜のマグロのタルタルの時までは美味しく飲めたが、羊の時点で完全にくたばってしまい、酸っぱくなってきた。ブルゴーニュグラスを急遽小さいグラスに切り替え、さらに冷やしてみたが、多少、酸を感じにくくなったものの状態はよくなかった。
一週間前に飲んだデュブッフのムーラン・ナヴァン 2001 も味は大分抜けていたので、ボージョレは一級畑でも5年を過ぎると厳しくなるのか、それとも、単に当たりが悪かったのかは不明である。

 
| 肉 (過去ログ1)  | 14:23 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://cuisine.sinfonia-wld.com/trackback/717592
まあ当たりだった8-9-8
どうも、あたりが悪かったパルタガス 8-9-8 バーニッシュ。 エディーさんが最近個人輸入したまだ熟成が足りていないものを一本頂き、 先日吸ってみた。 最初はかなり香り高く、美味しかったが、2/3 あたりからその香りが消え、 全体に凡庸になり、最後まで最初の雰
| シガーな時間 | 2008/01/21 5:01 PM |