Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ドメイン取るなら
独自ドメインを取るなら、以下の二つがお奨めです
ムームードメイン  
RECENT COMMENTS
輸入食材、色々揃います
レシピで紹介している食材が見つからないとき。お近くの成城石井か、ネットで!
RECENT TRACKBACK
をお探しなら
レシピで紹介している肉類が見つからないときに
ARCHIVES
LINKS
ワインをお探しなら
レシピで紹介している料理とあわせるワインが見つからないときには、以下の 4つのサイトを比較検討してみてください
PROFILE
チーズを、お探しのときに
レシピで使っているチーズが、見つからないときに。
OTHERS

阪神間での宝くじ toto販売 ドリームオン

大阪の宝くじ、toto販売 有限会社 中尾商店


RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理、エスニック料理のレシピの紹介}

格安レンタルサーバー
低価格、大容量、安心のレンタルサーバー
グルメレシピはロリポップで運営しています
qrcode
PC 買うなら
PC 買うならドスパラが、お奨め、Sivajiも、数台、ここでカスタマイズして使っています
区切り線

フランス料理(フレンチ)レシピ、イタリアンレシピ 赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピ

フランス料理(フレンチ)、イタリア料理、エスニック料理のレシピ、赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピを紹介しています。

<印刷される方へ>
印刷される方のためにサイドバーやコメントは印刷されないように設定しています。普通にブラウザから印刷下さい。
<< 豚肩ロースのパン粉焼き マスタード風味のトマトソース | main | テレビにも出たカサレッチョ >>
鶏胸肉のローストのサラダ
鶏胸肉のローストのサラダ

鶏胸肉のローストのサラダ

ローストした鶏胸肉のサラダです。赤ワイン用の前菜に用意することが多いです。(尚、大きなプレートが割れてしまったので、小さなプレートに無理やり詰め込んでいるので完成写真は少し不恰好です)

[1] ソース・ヴィネグレット(野菜用)を作る
  • 白ワイン 50ml、白ワイン酢とエストラゴン酢(エストラゴンを白ワイン酢に漬けた酢)をあわせて 50ml、塩、胡椒、バージンオイル 150mlをロボクープ(フードプロセッサ)に入れて撹拌します。(ボールで作る場合、オイルを入れる前に酢とワイン、塩、胡椒を入れてから、ゆっくりオイルを加えながら撹拌し乳化させてください)
[2] サラダの用意
  1. ベビーリーフを水につけ、水気を切って、適当な大きさにちぎっておきます
  2. アスパラガスは両端をもって自然に折れるポイントで折り、穂先つきのアスパラガスの茎の方は皮をむき、塩茹でし、冷水にさらし、水気を取って冷やしておきます
  3. プチトマトを 1/4 に切っておきます
[3] 鶏肉のロースト
  1. エリンギの傘の部分を切り出し、1/4 にカットしておきます
  2. 塩、胡椒した鶏胸肉をオリーブオイルを入れた鍋で皮面からソテーしていき、両面色づけます
  3. 鶏肉の皮面を下にして、鍋のまま 180℃のオーブンで 6分ローストします
  4. 6分後、鍋を取り出し、鶏肉を皿にのけ、脂が多いようだと脂を捨て(少しは残してください)、エリンギを加えてソテーし、塩胡椒し、鶏肉を鍋に戻して、あと 3分ローストします。
  5. 肉とエリンギが焼きあがると皿にのけて、焼き脂を捨て、バルサミコ酢を 50ml 、赤ワイン酢を 30ml 白ワイン少々を鍋に入れて、鍋底に残った旨味をこそげとりながら煮詰めて行きます。(デグラッセという作業です)
  6. 半分くらいまで煮詰まったら、弱火にかけて、バージンオイルを 100ml 少しずつ加えながら鍋をゆすって乳化させます。ある程度乳化したら火を止めて、しっかりかき混ぜ乳化させて起きます。これが鶏肉用のヴィネグレットになります
[4] 仕上げ
  1. 鶏胸肉を薄切りにします
  2. サラダの野菜をボールに入れ、しっかり野菜用のヴィネグレットと和えます
  3. エリンギ、鶏胸肉は鶏肉用のヴィネグレットと別のボールでしっかり和えます
  4. お皿に野菜を盛り、周りに鶏肉を盛り、エリンギ、プチトマト、アスパラを盛り付け、野菜部分に軽く野菜用のヴィネクレットを回しかけ、鶏肉には鶏肉用のヴィネグレットを回しかけて完成です

赤ワイン用の前菜として私は楽しんでいますが、もちろん、白でも大丈夫です。サラダなので軽めの白ワインがよいでしょう。やはり、サンセール、ミュスカデなどでしょうか。赤ワインなら軽めのボージョレなどですが、ボルドーのときでも私はこれを食べます。そう違和感は無く楽しめます。尚、この日はモンテプルチアーノ・ダブルッツォで楽しみました。

お好みで、グリュイエールチーズの角切りなどを加えたり、最後にパルミジャーノを振りかけたりしても良いでしょう。

 
| 前菜 (過去ログ1) | 23:08 | comments(4) | trackbacks(1) |
Sivajiさん
鶏肉のローストとサラダ
あっさりいただけて嬉しい一品ですね
さすがです、
彩りも綺麗です、

コメント有り難うございます

ニョッキ ゴルゴンゾーラの大好きです、
リコッタは癖がないのであっさりしています、
| ryuji_s1 | 2008/03/15 7:57 AM |
ryuji_s1 さん、赤ワインにあう前菜がなかなかなくて、
こればかりを食べていた時期があります。
食材も安いので、その分、メインと赤ワインにつぎ込めますしね。

ゴルゴンゾーラもリコッタも方向性は違いますけど美味しいですね。
以前はジャガイモのニョッキで、4種類のチーズのソースを食べたことがあるのですが、たぶん、ゴルゴンゾーラとリコッタはその中に入っていたと思います。
| Sivaji | 2008/03/15 8:32 PM |
Sivajiさん
ソフリットはイタリア料理の各紙味に使っているいます、

パスタに入れても美味しくなります、

いつも素敵なコメント
とてもうれしいです、

| ryuji_s1 | 2008/03/16 8:18 AM |
ソフリットはパスタにも使えるのですね。
コメント、こちらこそ、有難うございます。
| Sivaji | 2008/03/16 9:08 AM |









http://cuisine.sinfonia-wld.com/trackback/733033
カンパニョーラ・モランド モンテプルチアーノダブルッツォ 2006
JUGEMテーマ:ワインと料理の話 カンパニョーラ・モランド モンテプルチアーノダブルッツォ 2006イタリアはアブルッツォ州のモンテプルチアーノ種から作られる軽めの赤ワインです。 イタリアではもう一つ、モンテプルチアーノと名前につくワインがトスカーナにあり
| ワインの時間 {フランスワイン、イタリアワインを中心に飲んだワインの感想などを} | 2008/03/13 11:15 PM |