Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ドメイン取るなら
独自ドメインを取るなら、以下の二つがお奨めです
ムームードメイン  
RECENT COMMENTS
輸入食材、色々揃います
レシピで紹介している食材が見つからないとき。お近くの成城石井か、ネットで!
RECENT TRACKBACK
をお探しなら
レシピで紹介している肉類が見つからないときに
ARCHIVES
LINKS
ワインをお探しなら
レシピで紹介している料理とあわせるワインが見つからないときには、以下の 4つのサイトを比較検討してみてください
PROFILE
チーズを、お探しのときに
レシピで使っているチーズが、見つからないときに。
OTHERS

阪神間での宝くじ toto販売 ドリームオン

大阪の宝くじ、toto販売 有限会社 中尾商店


RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理、エスニック料理のレシピの紹介}

格安レンタルサーバー
低価格、大容量、安心のレンタルサーバー
グルメレシピはロリポップで運営しています
qrcode
PC 買うなら
PC 買うならドスパラが、お奨め、Sivajiも、数台、ここでカスタマイズして使っています
区切り線

フランス料理(フレンチ)レシピ、イタリアンレシピ 赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピ

フランス料理(フレンチ)、イタリア料理、エスニック料理のレシピ、赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピを紹介しています。

<印刷される方へ>
印刷される方のためにサイドバーやコメントは印刷されないように設定しています。普通にブラウザから印刷下さい。
<< 赤足エビのソテー ガーリック風味 | main | おせん考 >>
美味しんぼ考

美味しんぼ考

今日はレシピから離れて、長らくビックコミックスピリッツに連載されていてテレビ化もされた”美味しんぼ”が一応、一区切りになった(郷土料理対決は続けるらしい)ので、それについての私なりの個人的な感想を投稿します。あくまで私見ですので、軽く読み飛ばしてください。

美味しんぼは私が学生時代から社会人になりたてのころ、テレビ化されたものから入った記憶があります。その後、雑誌、コミックでも読み始めましたが、取り上げる話題の意義や価値は評価できますが、いささか、行き過ぎると感じるところも多々あります。

美味しんぼが主張し続けてきたことに、ブロイラーや養殖の魚には問題が多い、醤油、豆腐、味噌などは国産大豆や国産小麦を使ったものが良い。それら以外は認められないという風潮で厳しく弾劾していたように受け取れました。
(テレビでガスで焼く鰻の蒲焼は蒲焼ではないとしたため、ガスで焼く鰻屋から文句を言われたと言う報道も見た記憶がある。この点、同意するが、いささか断言しすぎに感じます。)

各素材などの安全性の追求は当然だと思いますので、安全性の追求について苦言を呈する気は無いのですが、いささか、経済的、資源的視点にかけているように思えます。

特に、醤油、味噌、豆腐、についてだが、現在、国内で消費されるこれらの調味料や食材を国産の大豆や小麦粉でまかなえるのでしょうか。
また、そうしたとき、これらの食品の価格はどの程度になるのでしょうか。
ただでさえバイオ燃料問題、オーストラリアの干ばつ、サブプライムローン問題での投機マネーの食糧への投資の移行などで小麦などの値段は高騰しています。
現在、長期熟成された醤油の価格は、私が使っているもので、720ml ¥1000 程度。
しかし、これは他の安い大手メーカーの醤油が圧倒的なシェアを誇る中、一部の人が使っている段階の価格。
この手の醤油しか存在しなくなれば、必然、需要供給のバランスから相当な価格上昇が起き、家計に与える負担は相当なものになるのではないのでしょうか。

美味しんぼでは今の家庭は食料品にお金をかけないと言っていた事もありました。
しかし、現状の社会において、教育、老後保障などの分野での支出もバカに出来ないですし、そもそも、食料品に金をかける人間が増えれば、食料品(特に養殖魚、ブロイラー、国産原料による調味料しか認めないとしたとき)の数に限りはあるのだから、ますます需要と供給のバランスが壊れ、食料品はますます高騰し、一部の金持ち以外、米か芋しか食べられなくなるのではないのでしょうか。
塩もそうです。天日塩で日本国内の全ての塩をまかなおうとすると、塩の単価はいくらになるのでしょう。

オーストラリアが与えてくれる夢という話で、海原雄山が「決して得ることの出来ないものを見せることは夢ではなく絶望を与えるだけだ。」と語っていましたが、
美味しんぼの主張するものも、これと同じで、現在の日本のスタンス、人口を考慮すると、現実的に決して叶わないものではと思えます。

私的には、美味しんぼの主張は、原理主義的な理想論に過ぎないと思えます。
美味しんぼの主張が、両者の共存であり、消費者の選択に委ねられているというものであれば、至極まっとうだと思えるし賛同しますが、私には、ブロイラー、養殖の魚、大量生産の醤油などの存在そのものを否定しているように思え、それらなしにこの国の食糧事情はどうなるかと言うことについて言及されていないように思えます。

私は、消費者が、各位の食糧に対するプライオリティーを考えた上で、その時その時、ベストと思えるものをチョイスできることが正しいと思います。
そしてそのために、何よりも提言して欲しかったのは、消費者が自由に選んだものが嘘偽りのないものであるようなシステムを作るべきだということです。

地鶏と書かれて実はブロイラー。このような偽装は許さない。
そのために、表示される内容が法律で決められ、それを正しく明記しないもの、偽装したものには罰を与えるようなシステムを作り、消費者が安心して選択、購入できる社会にしていくべきだ。と言う事が一番重要なのではないのでしょうか。

消費者はバカではありません。
ブロイラーを認めたからといって、地鶏などがなくなることはないです。
それは毒餃子問題の後、中国産の食料品が売れなくなったことでも明らかではないでしょうか。

理想論だけではなく、現実を見据えた上で、経済的、資源的な側面からの補足が足りなかったように思えます。

あと一点、ワインについて。
牡蠣にシャブリがあわないと言う話も初期にありました。
で、シャブリがダメならモンラッシェやコルトンシャルルマーニュやムルソー・ジュヌブリエール(テレビではムルノーでなんとかと間違えていた)などを出してきましたが、
そもそも何故、牡蠣にシャブリなのか理解して書いていたとは思えません。

牡蠣にシャブリはシャブリの土壌が石灰質でその土壌の特徴とマッチするというものであり、昨今のシャブリは上等のものには樽熟したものが多くあり、そうすると樽の風味が強く出てしまい、土壌の特徴は薄れてしまいます。
つまり牡蠣とあう要素がなくなるのす。
(これは神の雫でも生牡蠣にシャブリの場合、安いシャブリが良いと書かれていました。)
ましてやモンラッシェなどになると、ワインとしての力が強いので、新樽比率が増えることも有り、益々、リッチになりあうはずがありません。

作者はどれだけのシャブリを飲んだのだろう。
ステンレスタンク熟成で土壌の風味が出たものと、樽熟されて樽の風味が強いものとでは全く別物で、ワインという飲み物が同じブドウ品種、同じ地域でも違うものになることを考慮していたのだろうか。と思えます。

生牡蠣とワインがあわないのは、ワインに含まれる有機酸の問題だと言っていましたが、そうでしょうか?
私的には、牡蠣にミュスカデは美味しく食べられます。牡蠣の生臭さなど感じなません。(ミュスカデは酸の多いワインではありませんが)
逆にレモンをかけた牡蠣と日本酒なら、レモンの酸味が浮いてしまうように思えます。(米酢は日本酒と原料が同じなので問題ありませんが)

また、あの回では日本酒として天狗舞を出していましたが、それ以外の日本酒について言及なされておらず、生牡蠣には日本酒だと主張していましたが、それは、日本酒ならなんでもいけるように受け取れます。
私的には、どう考えても、甘口の日本酒と生牡蠣+レモンはあうとは思えません。

この回で、フランス人と日本人の感覚は違うのかもしれないと山岡が言うと、レストランのシェフはそんなことはない。と言いましたが、別の回では、エビの臭いについて、西欧人はあまり感じないとありました。
世界のどんな人でも同じ感覚だという話はどうなったのでしょう。

これも初期の話ですが、フォワグラと鮟肝を比べることがありました。
その時、「人のあざとい知恵で人口的に作られた肝と、天然の鮟肝とでは比べ物にならない。」と山岡は言いましたが、その人のあざとい知恵で人口的に作られた和牛の霜降りや、コシヒカリなどの米については言及していないません。
(和牛については、一部触れられていたが、否定まではしていません。)

こういう所、作者の主張だけではなく、作中で アンチテーゼを語って欲しかったとは思います。
食べ物や飲み物は個人の嗜好により価値観が分かれるのですから、単に作者の主張だけをするのではなく、少なくとも、究極のメニューなどとうたっているのですから、もう少し、価値観の多様性についても書いて欲しかったと思います。

長年、個人的に感じてきたことを書きましたが、問題提起をする作品としては有効であったと思うし、楽しめる作品であったことは事実です。
今後、郷土料理対決だけでなく、変わり行く世界の食糧事情や料理技術の進歩などについても、続けて欲しいと思います。


 
| ドラマ・アニメ・漫画 | 19:54 | comments(8) | trackbacks(0) |
美味しんぼ考、じっくり、ゆっくり、読まさせていただきました。
なるほど、なるほど、・・・。
同感、同感、・・・・。

勉強させていただきました。
ありがとうございました。

さて、Sivajiさん
いつも、私の拙いブログを見て、嬉しいコメント及び応援クリックありがとうございます。
そこで、私のブログのブックマーク(別版)に、リンクさせていただきました。
ご了承くださいね。
| siawasekun | 2008/05/23 5:43 AM |
Sivajiさん、こんにちは。

"美味しんぼ"は一冊だけ読みました。
Sivajiさんの様に、きちんと読まれ、良いところは良い、問題提起なさるところはなさるという姿勢は、"美味しんぼ"の作者にも通じると思います。

| jugon | 2008/05/23 12:25 PM |
siawasekun さん、リンク有難うございます。

jugonさん。
まあ連載マンガというものは編集者の意向も入りますし、
面白くするために過激にしなければいけない部分もあるのでしょうから、
ある程度は仕方ないのですが、一部の業界に対する誹謗もありますので、その点は注意しないといけないとは思います。
| Sivaji | 2008/05/23 6:17 PM |
Sivajiさん、こんばんは。

「美味しんぼ」の事は知っていたものの
今まで読んだことがありませんでした。

Sivajiさんの美味しんぼ考を読ませていただき
考えるべきこと、奥深いと感じました。
いつも勉強させていただいています。

| びあじあ | 2008/05/24 12:51 AM |
Sivajiさん
おはようございます。

昨日も、私の拙いブログで、ミズバショウ群生景色など見て、嬉しいコメント及び応援クリック、ありがとうございました。
心より、感謝、感謝です。
| siawasekun | 2008/05/24 4:57 AM |
びあじあ さん。
かなりコミックの巻数もたくさんあるので全部読むのはたいへんですが、それなりに面白いところはあるので読む価値はあると思いますが、だんだん、精神論的に感じる部分が多くなり、調理法などで参考にならなくなってきたナとは思っています。

siawasekunさん。
毎日素敵な写真を楽しませていただいています。
| Sivaji | 2008/05/24 6:33 PM |
Sivajiさん
コメント有り難うございます、

いつも丁寧にみていただき感激しております
| ryuji_s1 | 2008/05/24 8:51 PM |
ryuji_s1 さん。
ライブドアブログへの投稿受付がエラーで跳ね返される件、何とか解決しました。
サーバーレベルでこういうアクセス処理をされると、困るんですよね〜。
| Sivaji | 2008/05/25 11:49 AM |









http://cuisine.sinfonia-wld.com/trackback/752833