Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ドメイン取るなら
独自ドメインを取るなら、以下の二つがお奨めです
ムームードメイン  
RECENT COMMENTS
輸入食材、色々揃います
レシピで紹介している食材が見つからないとき。お近くの成城石井か、ネットで!
RECENT TRACKBACK
をお探しなら
レシピで紹介している肉類が見つからないときに
ARCHIVES
LINKS
ワインをお探しなら
レシピで紹介している料理とあわせるワインが見つからないときには、以下の 4つのサイトを比較検討してみてください
PROFILE
チーズを、お探しのときに
レシピで使っているチーズが、見つからないときに。
OTHERS

阪神間での宝くじ toto販売 ドリームオン

大阪の宝くじ、toto販売 有限会社 中尾商店


RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理、エスニック料理のレシピの紹介}

格安レンタルサーバー
低価格、大容量、安心のレンタルサーバー
グルメレシピはロリポップで運営しています
qrcode
PC 買うなら
PC 買うならドスパラが、お奨め、Sivajiも、数台、ここでカスタマイズして使っています
区切り線

フランス料理(フレンチ)レシピ、イタリアンレシピ 赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピ

フランス料理(フレンチ)、イタリア料理、エスニック料理のレシピ、赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピを紹介しています。

<印刷される方へ>
印刷される方のためにサイドバーやコメントは印刷されないように設定しています。普通にブラウザから印刷下さい。
<< ヤン・ヌア(タイ風牛肉サラダ) | main | グリル野菜とベーコンのサラダ >>
大阪 聘珍樓

大阪 聘珍樓

  • 大阪 聘珍樓
  • 大阪市北区梅田 1-8-16 ヒルトンプラザ・イースト7F
  • 06-6345-5022
  • ランチ:11:30 〜 14:00(LO)
  • ディナー:18:00 〜 22:00(LO)
  • 定休日:なし

横浜中華街の老舗、聘珍樓の大阪店です。かなり昔、大阪の別の場所で出店したのですが、少しの間を置いてヒルトンプラザイーストに再出店してきました。
内装は入り口が、少しクラブめいたように感じるが、中は綺麗でなかなか快適。テーブルは中央に中華的な回る小さな卓は無いが、円卓である。

料理はコースも充実しているが、単品も数多く、値段も良心的と言えるし、飲茶メニューもあり、こちらはア・ラ・カルトと同じ料理を少量で食べることも可能になっている品もあります。
ただし、大分前からの予約で可能な乞食鶏や佛跳牆はまだしも、子豚の丸焼きはさすがに高額になります。また鮑やフカヒレ、ツバメの巣、ハタ科の魚のチンジャオなども値が張る模様ですが、これらは素材の価格なので仕方ありません。
尚、特別料理のメニューも別に用意されていますので、ここにリンクを掲載しておきます。

大阪聘珍樓の特別料理

ドリンクはワインも豊富ですし、紹興酒も一番安いものが¥5000 以下から用意されており、一部のホテルなどとは大違いです。また、各素材が何処の産地のものか公表されており、食への安全性という意味からもありがたい試みがされています。
入り口のバーでは生演奏も行われ、ホールにもその音楽が流れ、雰囲気はなかなか良いです。

聘珍樓で食べた料理を紹介します。

[1] 前菜盛り合わせ

前菜盛り合わせ

前菜盛り合わせは、対象メニューから好きなものを三品選べるものです。
写真右から、”デンマーク産皮付き豚ばら肉の揚げ物”、”アイスヴァインとくらげ”、”蒸し鶏”です。皮付きの豚バラの揚げ物は、皮のパリパリ感が楽しく、ニンニクの効いたソースも美味しく、大満足。アイスヴァインはドイツ料理の豚すね肉を煮込んだものに似ています。それを冷やしてハムのような感じで出てきます。面白い味わい。蒸し鶏もしっとりしていてネギソースともども楽しめます。
他にも、いくつかのメニューから三品自由に選択出来ます。ただ、量は少なめだと思います。

[2] 空芯菜の炒め物

空芯菜の炒め物

タイ料理でも食べる空芯菜の炒め物です。タイ料理と違い辛く無いので少し物足りません。また、茎の部分が成長しすぎで少し硬く、その分、葉の部分が少し火が入りすぎだったところは残念。

[3] 大根餅

大根餅

同行者は台湾で長く仕事をした人。その同行者が懐かしがってオーダーしたのがこれです。飲茶メニューにありました。大根と魚のような擂身を焼いた餅。甘味があり、大根の風味が爽やかでなかなか美味しい。

[4] 活けアコウのチンジャオ

あこうのチンジャオあこうのチンジャオ(切り身)

魚のチンジャオを食べようとオーダー。魚は色々生簀に泳いでいる中から、チョッパン(香港などで珍重されるネズミバタ)と同じハタ科のアコウのチンジャオを。
(関西で言われるアコウは所謂フサカサゴ科のアコウダイと違い、キジハタ科の魚になります。−参照:ウィキペディア キジハタ−)

大きさは28cm くらいのサイズ。生簀から出された状態をまず見せてくれます。味付けも生姜とネギだけのアッサリ風味から、醤油を効かせたものなど、色々出来るようで、オーダーしたら調味法を聞いてきますので、好きな調味法をオーダーすると良いでしょう。

蒸し加減は丁度よく、味付けも上品でおいしいチンジャオです。ただし、チンジャオは値が張ります。オーダーするときは前もって価格を聞いてみたほうが安心出来ます。(この写真のもの、¥12000 前後でした)

[5] トンポウロウ

トンポウロウ

皮付き豚三枚肉の蒸し煮です。小さめですが深みのある味わいです。出来栄えはさすがと言え、大阪で何度か食べた中では一番です。

[6] 北京ダッグ

北京ダッグ北京ダッグ(包んだ後)

何よりお奨めできるのがこの北京ダッグ。他のレストランとは違い、皮だけのサービスではありません。皮を食べた後、スープが出てきます。台湾の北京料理店では、皮、身、スープと三種類の料理が出てきましたが、身はあきらかに味が落ちるので、ここを出さないのは納得出来ます。
なぜ、他の店はスープを出さないのか??
その疑問を解く鍵が、もう一つあります。ここの北京ダッグは、塊(半身)をまず写真のように見せてくれます。そして目の前で皮を剥いでくれるのですが、大阪の他のホテルでは皮だけを持って来ます。これがどういう事かというと、最近、北京ダッグは皮だけ輸入されているのです。つまり、自分のところで焼いたものではないものを高額で売っているのではないか?という疑惑が付きまとうのです。
そして、塊を焼いていないからこそ、当然、そのガラで取ったスープを出せるわけが無いと言う事です。
確証はありませんが、ホテルなどで北京ダッグをオーダーされた方々。まず、姿を見せてくれと注文をつけ、目の前で皮を剥いでもらうようにしてもらうことをお奨めします。

この半羽の北京ダッグ、¥6006 で、ホテルの一匹と値段が変わらず、料理が二品あるのでお徳です。味わいもきちんとした北京ダッグで美味しい。ただし、苦言が無いわけではありません。まず皮を剥ぐサービススタッフが慣れておらず、かなり皮面を残したまま下げてしまう。所謂デクパ−ジュの技術が足りません。たまたまかもしれませんが、このような技術のいる作業は、中国人留学生と思える中国人にさせず、サービスのトップクラスの経験を積んだ人間にさせてもらいたいものです。

[7] 鶏肉の醤油煮

鶏の醤油煮

飲茶メニューから追加した品。紹興酒のアテに。

[8] 梅風味の焼鴨

梅風味の焼鴨

広東焼鴨が欲しかったのですが、それは無いのでよく似た焼鴨を。梅風味のソースをかけて食べます。風味と味わいの深みで広東焼鴨には一歩譲りますが、食べやすさなどはこちらが優れているかもしれません。万人向けと思います。
これもなかなか美味しく、お奨めの一品です。

その外、広東風の鶏の揚げ物、酔っ払い海老など魅力的なメニューがあります。フカヒレ、ツバメの巣、アワビなどの高級メニューもあります。
そしてこれもあまり関西では見かけない中国のパン(花巻)が揚げ、蒸しと二種類用意されていて、同行者は大喜びでした。
総じて、さすが中華街の中華料理店の大阪店だと思わせてくれ、満足感は高いですし、料理を上手く組み合わせ、紹興酒も安めのものにすれば、かなり CP も高いと思います。

ただし、サービスはもう少し頑張りましょうというところ。紹興酒をオーダーしたときレモンもオーダーしたのに忘れたり、一度下げられたスプーンを新しいものを持ってこなかったりと、不手際はありますが、大阪のあるホテルで感じた不快感まではなく、それ程評価を下げるというものではありませんでした。

 
| グルメレビュー(中華・エスニック) | 18:48 | comments(9) | trackbacks(0) |
Sivajiさん

アメリケーヌソース
美味しいですね
コメント有り難うございます

なすとモッツアレラチーズのパスタ
も美味しいです なすが美味しくなってきています、

大阪 聘珍樓
素敵なレストランですね
北京ダック 皮だけの輸入があることは知っていました

調理場で作った北京ダックの皮とかなり味が違うようです、

値段が高いものですから 
がっくりきますね
| ryuji_s1 | 2008/08/21 7:33 PM |
聘珍樓ですね^^
どのお料理も美味しそう〜。

大根餅や焼鴨、大好きです。
チンジャオ、やっぱり良いお値段しますね!
外で食べられるの羨ましいです^^
私はもっぱら家で蒸してます(笑)

空芯菜も美味しいですよね。
タイ料理でも中華でもよく注文します。
今月もう何回も家で炒めました♪
| びあじあ | 2008/08/22 12:40 AM |
Sivajiさん、こんにちは。

お料理は、優れたサービスで美味しいものをいただけたら、幸せですね。

聘珍楼は、横浜にはチャイナ・タウン以外にもいろいろなところに出店していますし、カフェや居酒屋の様なお店もあります。

ペキンダック、とっても美味しそう♪
あ〜〜、食べたいな〜!

中華でアイスヴァインって珍しいですね?
| jugon | 2008/08/22 11:41 AM |
ryuji_s1 さん。
一流ホテルでも、塊を見せてくれた記憶が無いです。
一昨年、さるホテルの中華で酷いサービスを受け、高級中華には足が向かなくなったのですが、ここのおかげでまた足が向きそうです。当然、どこぞのホテルには二度と行きませんけど。

びあじあ さん。
チンジャオは魚が高いですから。
アコウは小売りでも¥3000 〜ですので。

jugonさん。
聘珍樓は昔、大阪に出てきていたそうですが、その時を知る人に聞くと、よくなかったそうです。
しかし、今回はかなり気合が入っているのか、その人も満足していました。

アイスヴァインは珍しかったのでオーダーしました。
まあハムみたいな仕上がりで、ドイツ料理のそれを冷製にしたらあんな感じなのかな?というところでしょうか。


| Sivaji | 2008/08/22 6:58 PM |
Sivajiさん
コメント有り難うございます

デザートにならないよう砂糖は使いませんでした、

イチジクの甘みだけです、


Sivajiさんのアイデア素晴らしいですね

確かに工夫次第でドルチェになりますね
| ryuji_s1 | 2008/08/22 7:36 PM |
Sivajiさん

コメント有り難うございます


複数のチーズを混ぜて使う
イタリアらしいですね
| ryuji_s1 | 2008/08/27 6:43 PM |
Sivajiさん
コメント有り難うございます

イチボ 美味しい部位ですね

なかなか手に入りにくい部位です

| ryuji_s1 | 2008/08/29 8:53 PM |
こちらへのレスを忘れてました。
イチボですが、うちの近所のスーパーでは常備しています。
ステーキ用というもので。
ただ、かなりサシが強く、できれば、マルシンなどの方が好みなのですけどね。
普通にモモとして売られているのが、それにあたるのかどうか不明なので、イチボを買ってしまいます。
| Sivaji | 2008/08/30 7:49 PM |
Sivajiさん
コメント有り難うございます

チーズゃ卵黄は固まりやすく 焦げやすいので

ゆっくりと煮詰める感じです、
| ryuji_s1 | 2008/08/30 8:19 PM |









http://cuisine.sinfonia-wld.com/trackback/774784