Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ドメイン取るなら
独自ドメインを取るなら、以下の二つがお奨めです
ムームードメイン  
RECENT COMMENTS
輸入食材、色々揃います
レシピで紹介している食材が見つからないとき。お近くの成城石井か、ネットで!
RECENT TRACKBACK
をお探しなら
レシピで紹介している肉類が見つからないときに
ARCHIVES
LINKS
ワインをお探しなら
レシピで紹介している料理とあわせるワインが見つからないときには、以下の 4つのサイトを比較検討してみてください
PROFILE
チーズを、お探しのときに
レシピで使っているチーズが、見つからないときに。
OTHERS
RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理、エスニック料理のレシピの紹介}

格安レンタルサーバー
低価格、大容量、安心のレンタルサーバー
グルメレシピはロリポップで運営しています
qrcode
PC 買うなら
PC 買うならドスパラが、お奨め、Sivajiも、数台、ここでカスタマイズして使っています
区切り線

フランス料理(フレンチ)レシピ、イタリアンレシピ 赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピ

フランス料理(フレンチ)、イタリア料理、エスニック料理のレシピ、赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピを紹介しています。

<印刷される方へ>
印刷される方のためにサイドバーやコメントは印刷されないように設定しています。普通にブラウザから印刷下さい。
<< マグロのマリネ ディル風味 | main | 活け車海老のグラタン エストラゴン風 >>
鶏腿肉のチリ・イン・オイル炒め
鶏腿肉のチリ・イン・オイル炒め

鶏腿肉のチリ・イン・オイル炒め

タイ語では、ガイ・パット・メット・マモアン・ヒムマパンと長い名前の、鶏腿肉をタイの味噌で炒めた料理です。唐辛子を一緒に食べると、かなり辛い料理になりますが、食べなければ甘味と旨味の強い料理になります。
チリ・イン・オイルが手に入らないと作れない料理です。昔はスーパー、百貨店でも手に入ったのですが、最近、スーパーでは見かけません。ただネットで購入できるようですので、手に入れてみてください。

[1] 下準備
  1. タマネギ 1/2 個はくし型に切ります
  2. 赤ピーマン 1/2 個は、半分に切って中の種、ヘタを取り除き、8mm幅くらいに切ります。長さが長いようだと半分にしてもらっても結構です
  3. サヤインゲンは 10本ほど、端っこを切って、包丁を斜めに入れるように半分に切ります
  4. しめじ 1P は、石づきを切っておきます
  5. ニラ 1/2 P は 5cm の長さに切ります
  6. ニンニク 1かけをみじん切りにしておきます
  7. チリ・イン・オイル(ナムプリック・パオ)大匙 2.5〜3 杯とナンプラ 大匙 1杯を混ぜ合わせ、合わせ調味料を作っておきます。(甘いのが好きな人はこれに砂糖を少量加えても構いません)
    チリ・イン・オイル

  8. 鶏腿肉 1枚はそぎ切りにしておきます
[2] 作り方
  1. 中華なべに乾燥唐辛子 10本を入れ、油を多めに(大匙 3程度)加え、弱火で唐辛子の辛味と香りを油に移すように加熱していきます。焦がさないようにしてください
    唐辛子の香りを油に移す

  2. 油に香りが移ったら、タマネギを加え、軽く炒めます。炒まったら、タマネギと唐辛子はお皿に取リ出しておきます。(油は鍋に残すように)
    タマネギを炒める

  3. 中華なべにニンニクを加え、鶏肉を加え、炒めていきます。ある程度、火が通ったら、合わせ調味料の 1/2 を入れ、しっかり混ぜ合わせます
    鶏肉を炒める

  4. 先ほど炒めたタマネギと唐辛子を戻し、赤ピーマン、しめじ、サヤインゲンを加え、少し炒めたら残りの合わせ調味料を加え、さらに炒めていきます
    残りの野菜を炒める

  5. ニラを加え軽く炒めて完成です
    最後にニラを加えて炒める

調味料の分量は、好みで変えてください。唐辛子を鶏肉と一緒に食べると、辛党の人は満足できると思いますが、普通の人は、やめたほうがいいでしょう。尚、唐辛子はできるだけ辛いものが、お奨めです。以前は乾燥プリッキーヌが販売されていたのですが、これも最近、見かけません。韓国産の唐辛子は辛味があまり強くないとのことなので、日本産か中国産を使うと良いでしょう。

炒める油はサラダ油で結構ですが、私は 1/3 くらいごま油を使っています。
また、最後にカシューナッツやネギを加えても美味しいです。
尚、調理途中の写真は完成品とは違うときに撮影したものなので、赤ピーマンのかわりに白ネギを使っています。
一緒に炒める野菜も、タマネギとニラとシメジ(キノコ)を外さなければ、自由に楽しんで頂いて結構です。


 
| エスニック(過去ログ) | 12:42 | comments(4) | trackbacks(0) |
Sivajiさん
鶏腿肉のチリ・イン・オイル炒め

タイ料理ですね 唐辛子の風味がたっぷり味わえて
美味しそうです

コメント有り難うございます

ビーツの真っ赤な色が すごく綺麗なパスタになります

おもしろみがあります
| ryuji_s1 | 2008/12/14 1:56 PM |
甘みと旨みと、ぴりっと辛さが効いている・・・めっちゃ好みな味わいです♪
ご飯が進みそう〜!(飲めないので・・・)

当方へお越し頂き、コメントまでありがとうございます!
嬉しくてこちらでもお礼を申し上げたくて^^
| ru-seri | 2008/12/14 11:22 PM |
Sivajiさん、こんにちは。

このタイ料理の名前は、早口言葉になりそうです。

タイのお味噌っていうのがあるんですね?
どんなお味のお味噌でしょう?

そうそう唐辛子、時々全然辛くなくて、あれは韓国産だったのかしら?
鷹の爪は、ほとんどが中国産で、日本のものは余り見かけません。
今は、枝についた唐辛子を買ってきて、家でドライにして使っていますが、それはものすごく辛いです。
| jugon | 2008/12/15 1:48 PM |
ryuji_s1 さん。
唐辛子を一緒に食べるとかなりの辛さになります。
私は檄辛党なので、全部、食べちゃいますけど。


ru-seri さん。
お酒、飲めないのですね〜。
ご飯のおかずにもいいと思います。


jugon さん。
このタイ語はとても覚えられません。
味噌は、甘い感じです。干しエビなどが入っている模様です。
韓国産の唐辛子はあまり辛くないそうです。
鷹の爪、うちの近所では日本産が多いです。
中国産のものが安いので、いつも少し遠い店で大量に購入していたのですが、
最近、なくなっちゃいました。

生のものが入ればそのまま使うといいですよ〜。
私は夏場に京都の亀岡産のハラペーニョを生で大量購入し、
酢漬けにしています。
この地方、ハバネロも作っているそうです。

現在、カプサイシンの量が最大なのは、ブートジョロキアというインドのアッサム地方の唐辛子だそうです。
日本のSB食品が開発したSBカブマックスもかなり辛いそうですが。
| Sivaji | 2008/12/21 7:22 AM |









http://cuisine.sinfonia-wld.com/trackback/801515