Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ドメイン取るなら
独自ドメインを取るなら、以下の二つがお奨めです
ムームードメイン  
RECENT COMMENTS
輸入食材、色々揃います
レシピで紹介している食材が見つからないとき。お近くの成城石井か、ネットで!
RECENT TRACKBACK
をお探しなら
レシピで紹介している肉類が見つからないときに
ARCHIVES
LINKS
ワインをお探しなら
レシピで紹介している料理とあわせるワインが見つからないときには、以下の 4つのサイトを比較検討してみてください
PROFILE
チーズを、お探しのときに
レシピで使っているチーズが、見つからないときに。
OTHERS

阪神間での宝くじ toto販売 ドリームオン

大阪の宝くじ、toto販売 有限会社 中尾商店


RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理、エスニック料理のレシピの紹介}

格安レンタルサーバー
低価格、大容量、安心のレンタルサーバー
グルメレシピはロリポップで運営しています
qrcode
PC 買うなら
PC 買うならドスパラが、お奨め、Sivajiも、数台、ここでカスタマイズして使っています
区切り線

フランス料理(フレンチ)レシピ、イタリアンレシピ 赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピ

フランス料理(フレンチ)、イタリア料理、エスニック料理のレシピ、赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピを紹介しています。

<印刷される方へ>
印刷される方のためにサイドバーやコメントは印刷されないように設定しています。普通にブラウザから印刷下さい。
<< フグ白子のムニエル ブールノワゼット | main | 甘エビのカルパッチョ >>
ノドグロの香草パン粉焼き ノイリー風味のブールノワゼット
ノドグロの香草パン粉焼き ノイリー風味のブールノワゼット

ノドグロの香草パン粉焼き ノイリー風味のブールノワゼット

『ごちになります』で有名になった? ノドグロです。口の中を開けると咽の部分が黒いので、こう言われるようです。淡白な赤身です。

[1] 魚の下処理と付け合せの準備
  1. 今日の魚。ノドグロちゃんです
    ノドグロ

  2. ノドグロは三枚におろし、小骨を取り、塩をしてペーパータオルに包んで冷蔵庫に置いておきます
  3. アスパラは穂先だけを切り取ります
  4. ベビーコーン、アスパラの穂先を塩茹でして、冷水に落とし、水気を切っておきます
  5. 芽キャベツは洗ってラップに包み、電子レンジで 30秒加熱し、半分に切っておきます
  6. 香草パン粉を作ります。
    香草パン粉の作り方
[2] 魚の調理
  1. テフロン加工のフライパンにオリーブオイル入れ、ノドグロを皮面からポワレし、ひっくり返し、身のほうをポワレします。割合は、皮面 8、身 2 で、身は表面を焼き固めるだけといった感じです
  2. ベビーコーン、芽キャベツ、アスパラをバターソテーします
  3. ノドグロの皮面に香草パン粉を乗せ、バター 1cm角をその上に乗せ、バターソテーした野菜と一緒に 220℃ のオーブンで 5分 ローストします。魚が焼きあがったら、暖かいところに保温しておきます
    香草パン粉を乗せてローストする

  4. 魚を焼いたフライパンの余分な油を捨て、ノイリー 100ml を入れフランベし、エシャロット 1/2 エマンセ(エシャロットは切ったら、すぐに使うのが望ましいです)、少量の水を加え、グラス状(ジャムみたいにトロみが出た状態)まで煮詰め、レモン 3/4 個分を加え、塩、胡椒して置きます。これがベースになります
  5. 別のフライパンにバターを入れ、ハシバミ色になるまで加熱し、ケッパーを加え、上のベースを漉して加え、味を見て、塩、胡椒します
    ブールノセワット

  6. 暖めておいた皿に、ノドグロ、野菜を盛り付け、ソースをかけ、プチトマト 1/4 カット、パセリを盛り付けて完成です

あっさりした魚に、香草パン粉とブールノワゼットなので、サンセールやミュスカデなどが、お奨めです。

 
| 魚 (過去ログ2) | 12:39 | comments(4) | trackbacks(0) |
Sivajiさん
ノドグロの香草パン粉焼き ノイリー風味のブールノワゼット
おいしそう
さすがおしゃれに決めていられますね

おいしそうです

コメントありがとうございます

一つ一つ丁寧にありがとうございます

| ryuji_s1 | 2009/04/05 5:25 PM |
Sivajiさん、おはようございます。

ノドグロは新潟のお魚でしたっけ?
本日のノドグロちゃん、大きそうでお値段も張ったのではありませんか?
こちらでは、干物はよく見かけますが、生のものはめったにお目にかかれません。

お花見をしながら白ワインとこのお料理・・・幸せがひとつ舞い降りますね。
前菜は、何を召し上がったのでしょう?
| jugon | 2009/04/06 8:33 AM |
おはようございます。

ブールノワゼットって、お料理でもあるんですね!
おいしそうです^^
お菓子ではよくフィナンシェで使われますが、あの香ばしい感じと香がたまりません。

あぁ、お菓子が作りたくなってきました。。
引越しのためお料理もお菓子もまともに作ってません。。
キッチンの片付けも進んでおらず・・・しかも、ちょっと訳あって本格的に箱を開けて片付けられるようになるのが先になりそうなんです(TT)

こちらに目と食欲の保養に参ります^^
| ru-seri | 2009/04/09 9:40 AM |
ryuji_s1 さん。コメントありがとうございます。
最近は、鯛かガシラばかりしか売っていなくて面白くないです。

jugon さん。
石川とか山陰で取れるみたいです。
たまに生を売っていますが、活とは書かれていないですね。
花見のときはこの魚じゃなくて、オコゼでした。一人バレンタインとは違った料理法で。
また、花見の記事は別に書きますね〜。

ru-seri さん。
ブールノワゼットは料理でよく使います。
魚のムニエルとか、仔牛の脳みそのムニエルとか。
早く落ちついて、お菓子が作れるようになれるといいですね〜。
| Sivaji | 2009/04/12 11:35 AM |









http://cuisine.sinfonia-wld.com/trackback/824067