Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ドメイン取るなら
独自ドメインを取るなら、以下の二つがお奨めです
ムームードメイン  
RECENT COMMENTS
輸入食材、色々揃います
レシピで紹介している食材が見つからないとき。お近くの成城石井か、ネットで!
RECENT TRACKBACK
をお探しなら
レシピで紹介している肉類が見つからないときに
ARCHIVES
LINKS
ワインをお探しなら
レシピで紹介している料理とあわせるワインが見つからないときには、以下の 4つのサイトを比較検討してみてください
PROFILE
チーズを、お探しのときに
レシピで使っているチーズが、見つからないときに。
OTHERS
RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理、エスニック料理のレシピの紹介}

格安レンタルサーバー
低価格、大容量、安心のレンタルサーバー
グルメレシピはロリポップで運営しています
qrcode
PC 買うなら
PC 買うならドスパラが、お奨め、Sivajiも、数台、ここでカスタマイズして使っています
区切り線

フランス料理(フレンチ)レシピ、イタリアンレシピ 赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピ

フランス料理(フレンチ)、イタリア料理、エスニック料理のレシピ、赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピを紹介しています。

<印刷される方へ>
印刷される方のためにサイドバーやコメントは印刷されないように設定しています。普通にブラウザから印刷下さい。
<< 色々野菜のサラダ シェーブルチーズのヴィネグレット | main | 川魚のスモークと岩牡蠣 >>
仔羊のカツレツ パルミジャーノ風トマトソース
仔羊のカツレツ パルミジャーノ風トマトソース

仔羊のカツレツ パルミジャーノ風トマトソース

牛肉のカツレツの牛の代わりに仔羊のコートを使ったものです。牛肉のカツレツよりパルミジャーノを増やし、生ハムも巻いてカツレツに仕上げています。仔羊を骨から外す手間が増えますが、牛肉より単価が安いので、こちらの方が家計的には助かります。

[1] トマトソースとその他の下準備

今回は、いつもの簡単トマトソースに玉ねぎも加えています。

  1. ニンニク 2カケを角切りにし、玉ねぎ半個も角切りにします
  2. ロボクープに玉ねぎ、ニンニク、少量のオリーブオイルを加え、みじん切りにします。ロボクープを回しっ放しにすると、ジュースみたいになるので、最初は数回、回し、ゴムベラで回りについている玉ねぎなどを落として、適度なみじん切りにします
  3. みじん切りにしたニンニク、玉ねぎをオリーブオイルで弱火で軽く色付くまで炒めます
  4. 十分、炒まったら、市販のトマトソース(300g 程)を加え、弱火〜中火くらいで煮詰めて行きます
  5. 水分が殆ど無くなれば完成です。パスタ用のトマトソースより少し煮詰めたほうがチーズの強さに対抗できると思います
  6. 付け合せようの野菜としてベビーコーンを7分〜10分くらい塩茹でし、冷水に落とし、水気を切っておきます
  7. 同じく鞘インゲンを 5分〜7分くらい、スナップエンドウを 3〜5分くらい塩茹でして、冷水に落とし、水気を切っておきます
  8. プチトマトはヘタを取って 1/4 にカットします
[2] 仔羊の下準備とカツレツの準備
  1. カレ・ダニョーから一本ずつ切り離されたものが、コート・ダニョーです。



  2. 骨付きの仔羊の骨を外し、余分な脂は取り除きます。(下記写真参考)
    コート・ダニョーを掃除する

  3. 仔羊肉に塩、胡椒し、生ハムで巻きます。生ハムはパルメジャーノとの相性を考えると、パルマのものがいいでしょう。(下記写真参考)
    パルメジャーノチーズのブロックを薄くスライスしたものを仔羊肉の上に一枚乗せ、それを生ハムで巻いてもおいしいです。(2009 9 18 追記)
    コート・ダニョーに生ハムを巻く

  4. 生ハムを巻いた仔羊肉に、まず、パルミジャーノをまぶし、ついで小麦粉をまぶし、余分な小麦粉を、はたきます
  5. 卵をくぐらせ、細かくしたパン粉をつけます
  6. 少し冷蔵庫で休ませます。冷蔵庫で休ませることで衣が剥げにくくなるそうです。(某昼間の主婦向けのテレビより情報入手)
[3] 調理
  1. フライパンにサラダオイルを底から 2mm程度になるように注ぎ熱し、仔羊をいれ、片面が色づいたら引っくり返し、バターを少量加え、両面キツネ色になるまで中火くらいで揚げ焼きします。パン粉が焦げないように注意してください
  2. 揚げ終わったらバターを入れたバットに乗せ、上になる面に粉パルミジャーノを振りかけ、220℃のオーブンで 6分程ローストしてください
  3. ベビーコーン、鞘インゲン、スナップエンドウをバターソテーしておきます
  4. トマトソースを暖め、ここにもパルメジャーノを加え、味を見て、塩、胡椒し暖めた皿に敷きます
  5. 仔羊のカツレツをソースの上に乗せ、鞘インゲン、ベビーコーン、スナップエンドウ、プチトマトを飾り、仔羊のカツレツの上に、もう一度、トマトソースをかけて完成です

ワインは仔羊とパルメジャーノとトマトですので、イタリアの、そこそこしっかりしたものがいいでしょう。カベルネでも美味しく楽しめます。ただ、、上等のワインはもったいないと思います。私は強めのモンテプルチアーノ・ダブルッツォとか、コンチャイトロ・ディアブロとあわせています。

 
| 肉 (過去ログ3)  | 08:46 | comments(3) | trackbacks(0) |
Sivajiさん

仔羊のカツレツ パルミジャーノ風トマトソース
仔羊で軽く仕上がって嬉しいですね
パルミジャーノでコクが出て嬉しいです

素敵なレシピ さすが おしゃれで素晴らしいです

有り難うございます

コメントいつも丁寧に有り難うございます
フランスではフォ・ド・ボウを使いますね
その方がコクが出て美味しいですね

| ryuji_s1 | 2009/06/28 2:30 PM |
Sivajiさん、こんにちは♪

自分でもずっと気付かなかったのですが、私ってカツ系が好きみたいです(笑)
豚肉とかも何にしようかな?って思ったら最初に頭に浮かぶのはミラノ風カツレツです。その次は、日本風カツだったり・・・(笑)

仔羊とカツとは今まで結びつきませんでしたが、これも美味しそうですね〜。
生ハムの塩味って程よく効きますし、チーズをつけるとホント美味しくなりますしネ。
| jugon | 2009/06/30 10:56 AM |
ryuji_s1 さん。いつも牛ばかりだったので目先を変えて仔羊で作ってみたら、はまってしまいました。

jugon さん。
ミラノ風のカツレツは仔牛が手に入らないので牛か豚で作らねばならず、何か不満があったので仔羊で作ってみました。
前によく行くイタリア人の店で仔羊のカツレツを食べていたので、イメージはありました。
あちらは骨付きでゴルゴンゾーラを挟んでましたが。

| Sivaji | 2009/07/05 11:27 AM |









http://cuisine.sinfonia-wld.com/trackback/865304