Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ドメイン取るなら
独自ドメインを取るなら、以下の二つがお奨めです
ムームードメイン  
RECENT COMMENTS
輸入食材、色々揃います
レシピで紹介している食材が見つからないとき。お近くの成城石井か、ネットで!
RECENT TRACKBACK
をお探しなら
レシピで紹介している肉類が見つからないときに
ARCHIVES
LINKS
ワインをお探しなら
レシピで紹介している料理とあわせるワインが見つからないときには、以下の 4つのサイトを比較検討してみてください
PROFILE
チーズを、お探しのときに
レシピで使っているチーズが、見つからないときに。
OTHERS
RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理、エスニック料理のレシピの紹介}

格安レンタルサーバー
低価格、大容量、安心のレンタルサーバー
グルメレシピはロリポップで運営しています
qrcode
PC 買うなら
PC 買うならドスパラが、お奨め、Sivajiも、数台、ここでカスタマイズして使っています
区切り線

フランス料理(フレンチ)レシピ、イタリアンレシピ 赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピ

フランス料理(フレンチ)、イタリア料理、エスニック料理のレシピ、赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピを紹介しています。

<印刷される方へ>
印刷される方のためにサイドバーやコメントは印刷されないように設定しています。普通にブラウザから印刷下さい。
<< 平目のブレゼ ブリアサヴァラン | main | スズキのスパイス焼き >>
牛フィレ肉の縛り煮(ブフ・ア・ラ・フィセル)
牛フィレ肉の縛り煮

牛フィレ肉の縛り煮(ブフ・ア・ラ・フィセル)

牛フィレ肉をタコ糸で縛り、ブイヨンの中でゆっくり火を入れた穏やかな肉料理です
。尚、ブイヨンについては、ポトフを作った茹で汁がそのままブイヨンとして使えます。

[1] 下準備
  1. 牛フィレ肉は、なるべく赤身のものを用意します。それをタコ糸で縛ります。(下記写真参照)
    牛フィレ肉

  2. 茹でるのに使う鍋に宙吊りに出来るような長さの鉄串からタコ糸を二本垂らし、鍋底につかない距離を測りながら、糸の長さを調整し、肉を吊るします。一度、ブイヨンを入れていない状況でテストしてみるといいでしょう。(下記写真参照)
    牛フィレ肉を縛り鍋に浮くように吊るす

  3. 蕪は皮を厚めにむき、1/4 にカットし面取りします
  4. ニンジンも適当な大きさに切ってラグビーボールのような形に面取りします
  5. ベビーコーン、鞘インゲンは塩茹でして冷水に落とし水気を取っておきます
  6. エリンギを適当な大きさにカットしておきます
[2] 牛フィレ肉を茹でる
  1. ブイヨンを肉が完全に浸る量使う鍋に注ぎ、沸騰したらニンジンに串が通るくらいまで茹でます。硬さは硬めで結構です
  2. 吊るした牛フィレ肉をブイヨンの鍋底につかないように入れ、弱火にし沸騰しないように柔らかい火で過熱していきます。このとき、蕪も一緒に入れてください
  3. 120g のフィレ肉で厚さによりますが、8〜12分くらい茹でます。尚、牛肉は常温に戻してから使ってください
  4. 途中、野菜に火が入れば取り出しておきます
  5. 肉に火が入ると暖かいところに置いてアルミホイルをゆったりとかけて保温して休ませます。この間に、ブイヨン 100mlを鍋に取り、野菜を温めておきます
  6. 鞘インゲン、ベビーコーン、エリンギをバターソテーしておきます
  7. プチトマト 1個を 1/2 カットします
  8. 牛フィレ肉が落ち着いたら 1cm 幅に切り分けます
  9. 暖めておいた皿に肉を盛り付け、野菜を飾ります
  10. 野菜を取り出したブイヨンを 1/3 程度まで煮詰め、味を見て塩、胡椒してソースとします
  11. 残ったブイヨンは漉して、荒熱が取れたら冷蔵庫に入れ、翌日、浮いて固まった脂をスプーンですくって、冷凍保存しておくとブイヨンとして使えます
  12. ブイヨンだけでは味気ないければ、フルール・ド・セルと荒挽き胡椒をかけたり、マスタードをつけて食べてください

柔らかい味わいですので、中程度の赤ワインか、上等のワインをあわせる場合、よく熟成したものがいいでしょう。熟成したメルローなど、美味しいと思います。ただし、マスタードをつけるときは安物の方が、いいかもしれません。

 
| 肉 (過去ログ3)  | 14:07 | comments(3) | trackbacks(0) |
Sivajiさん
牛フィレ肉の縛り煮(ブフ・ア・ラ・フィセル)

おいしそうです
フィレ肉を 柔らかくて素敵ですね

コメント有り難うございます

ライスコロッケ 意外と行けます、

| ryuji_s1 | 2009/07/19 2:31 PM |
Sivajiさん、こんにちは。

ブイヨンで茹でたお肉ですね?
塩・胡椒などしないので、お味が柔らかなのですね?
以前、小さくカットしたお肉をこのようにブイヨンで煮て、ホースラディッシュのソースでいただいたことがあります。
お腹に優しい感じでお野菜も美味しくて、良い一品ですね。
| jugon | 2009/07/21 3:25 PM |
ryuji_s1 さん。
クラッシックな料理ですが、軽い仕上がりで調理も簡単なので、なかなか重宝しています。
少し、素材費用がかかりますが。

jugon さん。
最初に塩、胡椒してもいいのですけど、どうせブイヨンの中で溶けちゃいますので、後からかけます。
レフォールのソースもおいしいと思います。
ただ固まりのレフォールがなかなか入らないので。
小さいものだと短時間で仕上がり、その場合、串などに刺して、フォンデュ的に食べてもおいしいかもしれませんね。

| Sivaji | 2009/07/26 3:03 PM |









http://cuisine.sinfonia-wld.com/trackback/880382