Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ドメイン取るなら
独自ドメインを取るなら、以下の二つがお奨めです
ムームードメイン  
RECENT COMMENTS
輸入食材、色々揃います
レシピで紹介している食材が見つからないとき。お近くの成城石井か、ネットで!
RECENT TRACKBACK
をお探しなら
レシピで紹介している肉類が見つからないときに
ARCHIVES
LINKS
ワインをお探しなら
レシピで紹介している料理とあわせるワインが見つからないときには、以下の 4つのサイトを比較検討してみてください
PROFILE
チーズを、お探しのときに
レシピで使っているチーズが、見つからないときに。
OTHERS
RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理、エスニック料理のレシピの紹介}

格安レンタルサーバー
低価格、大容量、安心のレンタルサーバー
グルメレシピはロリポップで運営しています
qrcode
PC 買うなら
PC 買うならドスパラが、お奨め、Sivajiも、数台、ここでカスタマイズして使っています
区切り線

フランス料理(フレンチ)レシピ、イタリアンレシピ 赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピ

フランス料理(フレンチ)、イタリア料理、エスニック料理のレシピ、赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピを紹介しています。

<印刷される方へ>
印刷される方のためにサイドバーやコメントは印刷されないように設定しています。普通にブラウザから印刷下さい。
<< スズキのロースト ディル風味のソース・パスティス | main | 帆立貝のグリエのサラダ仕立て 香草ヴィネグレットと香草マヨネーズ >>
仔羊ピカタ パルミジャーノ風トマトソース
仔羊ピカタ パルミジャーノ風トマトソース
JUGEMテーマ:グルメ

仔羊ピカタ パルミジャーノ風トマトソース

仔羊のカツレツ パルミジャーノ風トマトソースの変形です。カツレツではなく、パン粉をつけず、卵の衣を何度かつけて焼いた一品です。

[1] トマトソースとその他の下準備

今回は、いつもの簡単トマトソースに玉ねぎも加えています。

  1. ニンニク 2カケを角切りにし、玉ねぎ半個も角切りにします
  2. ロボクープに玉ねぎ、ニンニク、少量のオリーブオイルを加え、みじん切りにします。ロボクープを回しっ放しにすると、ジュースみたいになるので、最初は数回、回し、ゴムベラで回りについている玉ねぎなどを落として、適度なみじん切りにします
  3. みじん切りにしたニンニク、玉ねぎをオリーブオイルで弱火で軽く色付くまで炒めます
  4. 十分、炒まったら、市販のトマトソース(300g 程)を加え、弱火〜中火くらいで煮詰めて行きます
  5. 水分が殆ど無くなれば完成です。パスタ用のトマトソースより少し煮詰めたほうがチーズの強さに対抗できると思います
  6. 付け合せようの野菜としてベビーコーンを7分〜10分くらい塩茹でし、冷水に落とし、水気を切っておきます
  7. 同じく鞘インゲンを 5分〜7分くらい、スナップエンドウを 3〜5分くらい塩茹でして、冷水に落とし、水気を切っておきます
[2] 仔羊の下準備
  1. コート・ダニョーを用意します。



  2. 骨付きの仔羊(コート・ダニョー)の骨を外し、余分な脂は取り除き、5 〜 8mm 程度のミートハンマーで叩き伸ばします
  3. 薄く削ったパルミジャーノを用意します
  4. 仔羊肉に塩、胡椒し、削ったパルミジャーノを乗せ、生ハムで巻きます。生ハムはパルメジャーノとの相性を考えると、パルマのものがいいでしょう。(下記写真参考)
    仔羊を伸ばして生ハムで巻く
[3] ピカタを焼き、ソースと付け合せを仕上げる
  1. 生ハムを巻いた仔羊肉に、小麦粉を付け、余分な小麦粉をはたき、粉のパルミジャーノを入れた溶き卵に付けます
  2. フライパンを熱し、オリーブオイルを入れ、卵を付けた仔羊を入れ、両面焼き、卵が固まると、もう一度卵を絡め、同じように焼き、さらにもう一度卵を絡め焼きます
  3. 焼きあがるとバットにオリーブオイルを入れ、その上にピカタを乗せ、パルミジャーノをふりかけ、野菜と共に 230℃のオーブンで 3分ローストします
    衣を付けてチーズをふりかけ焼く
  4. トマトソースに粉のパルミジャーノを多めにいれ、塩、胡椒して味を調えます
  5. 暖めた皿にトマトソースを入れ、ピカタを乗せ、さらに軽くトマトソースをかけ、周りに野菜を飾って完成です

仔羊のカツレツよりパン粉がない分軽いです。イタリアの中程度の赤ワインが、お奨めです。


 
| 肉 (過去ログ4)  | 13:17 | comments(3) | trackbacks(0) |
Sivajiさん、こんにちは。

仔羊もピカタにしても美味しそうですね?

ピカタっていうお料理法は、昔昔初めて行ったお料理教室の初日にポーク・ピカタを習ったので、とても親近感があります。

チーズもいっぱい使ってあって、トマトソースも濃厚で、こういうお料理、好きです。

先日、Sivajiさんのきのこのフリカッセパイ包み焼きを作りました。
上に塗った卵が真ん中に溜まってしまったようで、見た目が下手くそだったのですが、中のスープがすっごく美味しくて感動しました。今度また、上手に作って、ブログに載せたいと思っています。
どうもありがとうございました。
| jugon | 2009/12/14 11:48 AM |
Sivajiさん
昨日は丁寧にコメント頂き有り難うございます

おかげさまで無事にお役を果たし帰宅いたしました

有り難うございます

仔羊ピカタ パルミジャーノ風トマトソース
美味しそうです
| ryuji_s1 | 2009/12/14 11:10 PM |
jugon さん。
ピカタは豚の方がメジャーでしょうね。
仔羊のピカタは、このレシピじゃないと思いますけど、大阪のフレンチの名店、ラ・ベカスが定番で出しているようです。ここはまだ食べに行ったことが無いのですが、テレビで渋谷さんが作ってられました。

フリカッセ、美味しくできてよかったです。


ryuji_s1 さん。
お疲れになられたと思います。
私も、先日、かわいがっていたペットが亡くなりました。
人とペットでは悲しみの度合いは違うかもしれませんが、一応、家族のような存在でしたので。
| Sivaji | 2009/12/20 1:39 PM |









http://cuisine.sinfonia-wld.com/trackback/914090