Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ドメイン取るなら
独自ドメインを取るなら、以下の二つがお奨めです
ムームードメイン  
RECENT COMMENTS
輸入食材、色々揃います
レシピで紹介している食材が見つからないとき。お近くの成城石井か、ネットで!
RECENT TRACKBACK
をお探しなら
レシピで紹介している肉類が見つからないときに
ARCHIVES
LINKS
ワインをお探しなら
レシピで紹介している料理とあわせるワインが見つからないときには、以下の 4つのサイトを比較検討してみてください
PROFILE
チーズを、お探しのときに
レシピで使っているチーズが、見つからないときに。
OTHERS
RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理、エスニック料理のレシピの紹介}

格安レンタルサーバー
低価格、大容量、安心のレンタルサーバー
グルメレシピはロリポップで運営しています
qrcode
PC 買うなら
PC 買うならドスパラが、お奨め、Sivajiも、数台、ここでカスタマイズして使っています
区切り線

フランス料理(フレンチ)レシピ、イタリアンレシピ 赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピ

フランス料理(フレンチ)、イタリア料理、エスニック料理のレシピ、赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピを紹介しています。

<印刷される方へ>
印刷される方のためにサイドバーやコメントは印刷されないように設定しています。普通にブラウザから印刷下さい。
<< 海の幸のフリカッセ | main | ムール貝のエスカルゴ風 >>
鶏腿肉のロースト トマトとスパイス風味のソース・パスティス
鶏腿肉のロースト トマトとスパイス風味のソース・パスティス

鶏腿肉のロースト トマトとスパイス風味のソース・パスティス

鶏をローストしてパスティスとレモン汁、トマトと数種類のスパイスをあわせたソースで食べる料理です。以前掲載した、鶏腿肉のロースト シナモンソースや、鶏腿肉のロースト ソース・シャルトリューズ・シナモン風味の派生ですが、ノイリーは使わず、パスティスで風味と甘みを出しています。またつなぐために使う油脂もバターではなくバージンオイルを使っています。
鶏肉はブロイラーよりも銘柄鶏や地鶏を使ったほうが美味しく仕上がります。
尚、下記分量は鶏腿肉二枚分。フランスでのア・ラ・カルトなら一人前です。(写真は半量を盛った状態です。冷めるので二回に分けてサービスしています)

[1] 野菜の下準備
  1. ベビーコーン、芽キャベツを塩茹でしておきます

  2. ニンニク 4カケは皮付きのまま、へたを切っておきます

  3. プチトマト 2〜3個を微塵切りにしておきます
[2] 鶏腿肉をローストする
  1. 鍋にニンニクを入れ、オリーブオイルをかけて、180℃のオーブンで 12分ローストします

  2. ニンニクが焼けたら取り出し、ニンニクの風味の付いたオリーブオイルで、塩、胡椒した鶏腿肉を皮面から焼いていきます。最初強火で、途中から中火から弱火の間くらいで皮面を焦げないように、押さえつけながら、余分な脂を出す感じでパリっと焼いてください。途中、何度か余分な脂は捨ててください

  3. 身のほうは軽く表面が固める程度に焼きます。焼きあがると一度鶏肉を取り出し、脂を捨てます

  4. 茹でた芽キャベツを半分に切り、切った面を下にして鍋に置き、ベビーコンも置きます。その上からセージを 5 本くらい乗せて、身の面を下にして鶏肉を乗せ、ニンニクを周りに置いて 200℃のオーブンで 12分ローストします

  5. ローストし終わると、肉と野菜を保温して置きます

  6. 鍋を中火から弱火にかけ、焼いた肉汁と脂を分離させ、肉汁は鍋底にカラメルのように固め、残った脂を捨てます

  7. 鍋にパスティス(ペルノー、リカールでも結構です。場合によればトルコのラクでも結構です)を 200ml 注ぎ、アルコールを飛ばし鍋底に残った旨味をこそげとるようにします

  8. 白ワイン 100ml を加え、これもアルコールを飛ばし、コリアンダーホール小匙 1、ローズペッパー 小匙 1、トマトの微塵切りを加え、水分がなくなるまで煮詰めます。だいたい、下の写真くらいまで煮詰めます
    トマト風味のソース・パスティスを煮詰める

  9. 煮詰め終わるとレモン汁 50mlを加え、半量まで煮詰めます

  10. 焼いた鶏肉の皮面がパリっとなって居なければ、フライパンで皮面を焼いてパリっとさせ、暖めておいたお皿に鶏肉、野菜を盛り付けます

  11. ソースの味を見て、塩、胡椒し、バージンオイル適量を加え、鍋をゆすりながら木べらなどで掻き混ぜ乳化させ、肉の上からかけてます

  12. 最後に、セージの葉を盛り付け完成です

パスティスの甘み、風味にレモンとトマトの酸味、コリアンダーとローズペッパーのスパイス感があるので、軽めの赤、中程度の白、どちらでも楽しめます。

JUGEMテーマ:グルメ
JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ
 
| 肉 (過去ログ5)  | 12:24 | comments(3) | trackbacks(0) |
Sivajiさん

鶏腿肉のロースト トマトとスパイス風味のソース・パスティス
オシャレなお料理ですね

美味しそう 丁寧に手が加えられていて
さすが
素晴らしいです

コメントいつも有り難うございます
| ryuji_s1 | 2010/03/07 12:46 PM |
Sivajiさん、こんにちは。

鶏でも豚でも、お肉の良しあしって大事ですね。
美味しくないお肉じゃ、せっかく手間をかけてお料理しても、出来上がりが知れています。
いつか一度適当なお肉で作って、全然美味しさが違うのに驚きました。

酸味もスパイスも好きなものばかりですが、セイジは飾りに使うだけですか?

ややしっかりした赤でも行けそうです。
| jugon | 2010/03/09 10:16 AM |
ryuji_s1 さん。
この料理は白ワインのときのメインがなくて、適当につくったら、大当たりで急遽、作り直し撮影して掲載したんです。
狙って作ったものとは違いますが、こういうあたりが見つかることも面白いです。

jugon さん。

素材 80〜85%、道具 5〜10%、腕 5〜10%と言われていた料理人もいらっしゃいました。
素材は必要条件、他は十分条件ですね。
素材が悪ければ、どのような名人でも感動するものは無理でしょう。
セージですが、鶏肉をローストするときに下に強いて香りを出しています。
ソースに入れて、後から取り出してもいいと思います。
| Sivaji | 2010/03/14 11:27 AM |









http://cuisine.sinfonia-wld.com/trackback/914104