Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ドメイン取るなら
独自ドメインを取るなら、以下の二つがお奨めです
ムームードメイン  
RECENT COMMENTS
輸入食材、色々揃います
レシピで紹介している食材が見つからないとき。お近くの成城石井か、ネットで!
RECENT TRACKBACK
をお探しなら
レシピで紹介している肉類が見つからないときに
ARCHIVES
LINKS
ワインをお探しなら
レシピで紹介している料理とあわせるワインが見つからないときには、以下の 4つのサイトを比較検討してみてください
PROFILE
チーズを、お探しのときに
レシピで使っているチーズが、見つからないときに。
OTHERS
RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理、エスニック料理のレシピの紹介}

格安レンタルサーバー
低価格、大容量、安心のレンタルサーバー
グルメレシピはロリポップで運営しています
qrcode
PC 買うなら
PC 買うならドスパラが、お奨め、Sivajiも、数台、ここでカスタマイズして使っています
区切り線

フランス料理(フレンチ)レシピ、イタリアンレシピ 赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピ

フランス料理(フレンチ)、イタリア料理、エスニック料理のレシピ、赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピを紹介しています。

<印刷される方へ>
印刷される方のためにサイドバーやコメントは印刷されないように設定しています。普通にブラウザから印刷下さい。
<< マグロのバルサミコ酢マリネ | main | 仔羊ロースとカレー風ミートソースのタンバル シナモン風味の赤ワインソース >>
スズキのグリル パスティス風味 トマトのコンカッセ添え
スズキのグリル パスティス風味 トマトのコンカッセ添え

スズキのグリル パスティス風味 トマトのコンカッセ添え

骨付きのスズキの切り身を直火で炙り、オーブンで火を通し、最後にパスティスをふりかけ香りをつけた料理です。ソースは刻んだトマトを主体に、ニンニク、ケッパー、バジル、レモンを加えパスティスで香りをつけています。
夏向きのお手軽な魚料理です。尚、ガスコンロの魚焼き機が付いている方は、それで火を通して、最後にパスティスでフランベする方が美味しいと思います。

[1] スズキと野菜の下準備
  1. スズキの切り身は骨付きを購入してください。でないと焼きあがったあとにバラバラになる可能性があります。ただし、魚焼き機をお持ちの方は、普段、骨付きでなくともバラけない場合は、骨なしでも結構です
  2. スズキに塩をしてペーパータオルで包み、冷蔵庫に保存しておきます
  3. 鞘インゲン、アスパラを塩茹でし、冷水に落とし水気を切って冷蔵庫に保存しておきます
[2] ソースの準備
  1. ニンニクの微塵切りを小匙 1/3 ほど作ります
  2. プチトマト 4個を微塵切りにします
  3. バジルの葉を 3枚重ねて丸め、まず千切りにし、その後、微塵切りにします。軸は取っておいて下さい
  4. レモン 1/2コ分を絞っておきます
  5. ケッパーを小匙 1用意しておきます
  6. ボールに[2-1]〜[2-5]を入れて掻き混ぜ、塩、胡椒をし、味を見て、最後にパスティスを小匙 1加え掻き混ぜ、最低、1時間、置いておきます
    トマトのコンカッセを主体としたソース
[3] 魚をグリルする
  1. スズキの両面にオリーブオイルを刷毛で塗ります
  2. 直火用の魚焼き機に、胡椒をしたスズキを乗せ、皮面から焼きます
  3. 皮面がこんがり焼けたら引っくり返し、身のほうも炙ります
    スズキを直火でグリルする

  4. 両面、表面を固めたらバットにバジルの軸を乗せ、その上にスズキの皮面が上になるように魚焼き機を乗せます
  5. スズキの皮面にオリーブオイルを塗り、感想フヌイユを乗せて、250℃のオーブンで 5分ローストします。
    (腹身と背の身の厚さが極端に違うときは、腹身の部分は炙る段階で火を通し、背だけをローストしたほうがいいかもしれません。そして、最後にフランベするときに戻してフランベすればいいでしょう)
    天板に乗せてオーブンで火を通す

  6. 焼きあがったら、バットのままガズ台に乗せ、火にかけて、パスティスを 30mlふりかけ、フランベします
  7. この間にドレッシングを作ります。ドレッシングはお好みで
  8. プチトマト 1コを 1/4 にカットします
  9. アスパラ、鞘インゲン、プチトマトをドレッシングで和えておきます
  10. スズキとサラダを盛りつけ、ソースを流して完成です

南仏の料理ですので、やはりカシス(スグリのリキュールじゃありません)やバンドールが良さそうですが、ミュスカデ、サンセール、ヴェルデッキオ、ソアヴェなど軽めの白なら、なんでも楽しめると思います。

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ


 
| 魚 (過去ログ4) | 12:55 | comments(3) | trackbacks(0) |
Sivajiさん
スズキのグリル パスティス風味 トマトのコンカッセ添え
素敵なお魚料理
臭みもなく美味しくいただけますね、
二つの記事にそれぞれコメントありがとうございます。

とてもうれしいです。
イタリアと日本は 食材で共通するものが多いです、
| ryuji_s1 | 2010/08/22 3:56 PM |
Sivajiさん、こんにちは♪

早速、コピーさせていだたきました。
どうもありがとうございます。

南仏料理って、地理的なこともあって、イタリアンにとても近いお料理ですね?

カシス・・・そう言えばずっといただいていないな〜って。
以前、とても美味しいブイヤベースを出してくださる外苑前のお店で、すごく美味しいカシーを合わせてもらったことがあったのを思い出しました。

このお料理を作ったら、久々にカシーを合わせてみたいと思います(^^)

| jugon | 2010/08/23 11:07 AM |
ryuji_s1さん。
タコを食べるのも珍しいですしね。


jugon さん。
コピーしてくださってありがとうございます。
魚焼きグリルがあれば、簡単に出来そうなのですが。
南仏はイタリアンに近いかもしれません。
が、ギリシャにも近いかも。元々、マルセイユは古代ギリシャ人が作った町ですし。
カシス・ブランは、最近、飲めていないです。
見かけないのが一つ、あっても、意外と高いのが一つですね。
| Sivaji | 2010/08/29 12:49 PM |









http://cuisine.sinfonia-wld.com/trackback/914129