Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ドメイン取るなら
独自ドメインを取るなら、以下の二つがお奨めです
ムームードメイン  
RECENT COMMENTS
輸入食材、色々揃います
レシピで紹介している食材が見つからないとき。お近くの成城石井か、ネットで!
RECENT TRACKBACK
をお探しなら
レシピで紹介している肉類が見つからないときに
ARCHIVES
LINKS
ワインをお探しなら
レシピで紹介している料理とあわせるワインが見つからないときには、以下の 4つのサイトを比較検討してみてください
PROFILE
チーズを、お探しのときに
レシピで使っているチーズが、見つからないときに。
OTHERS
RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理、エスニック料理のレシピの紹介}

格安レンタルサーバー
低価格、大容量、安心のレンタルサーバー
グルメレシピはロリポップで運営しています
qrcode
PC 買うなら
PC 買うならドスパラが、お奨め、Sivajiも、数台、ここでカスタマイズして使っています
区切り線

フランス料理(フレンチ)レシピ、イタリアンレシピ 赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピ

フランス料理(フレンチ)、イタリア料理、エスニック料理のレシピ、赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピを紹介しています。

<印刷される方へ>
印刷される方のためにサイドバーやコメントは印刷されないように設定しています。普通にブラウザから印刷下さい。
<< 鴨胸肉のポトフ | main | スズキのロースト 香草風味のマリニエール >>
ハムのムースのテリーヌ
ハムのムースのテリーヌ

ハムのムースのテリーヌ

ロースハムと少量の生ハムをムースにして、テリーヌ型につめた前菜です。
一週間くらいは日持ちするので、便利です。

[1] ムースを作る
  1. ブイヨン 50ml を火にかけ、沸騰したら、粉ゼラチン 5g を加え溶かします
  2. ロースハムはスモークがあまり強くないタイプがいいです。
    ロースハムを 2cm 角くらいに切り、ロボクープ(フードプロセッサ)に入れて細かくなるまでロボクープを回します
  3. 生クリーム 150ml を加え、滑らかになるまで回します
  4. [1-1] が人肌まで冷めたら、ロボクープに入れ回します
  5. ノイリー 大さじ 1杯を加え回します
  6. テリーヌ型に溶かしたバターを塗り、冷まします
  7. 卵白 1/2 個分を泡立てます
  8. ボールにムースを入れ、泡立てた卵白の気泡を潰さないように、あえます
  9. テリーヌ型にムースを詰め、ラップをして冷蔵庫で 1日寝かします
[2] 付け合せの準備と盛り付け
  1. ハムのムースを一度、常温に戻します
  2. 鞘インゲン、絹鞘(スナップエンドウでも可)を塩茹でして、冷水に落とし水気を切ります
  3. プチトマトを 1個を 1/4 カットします
  4. セルフィーユの葉を数枚、取っておきます
  5. ハムのムースを一テリーヌ型から取り出します。もし、取り出しにくいときは、テリーヌ型のへりにそってナイフを入れてください
  6. 取り出したハムのムースはバットに入れラップをして冷蔵庫で冷やします
  7. ハムのムースが冷えたら、1cm 幅に切ります
  8. 皿の中央にハムのムースを盛り、周りに野菜を盛り付け、ハムのムースの上にセルフィーユの葉を飾ります
  9. お好みで、他のシャルキュトリなど盛り付けてくださっても結構です。
    上の写真には、パンチェッタと生ハムを添えています

軽めの白ワイン、シャンパンなどが、お奨めです。

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ
 
| 前菜 (過去ログ5) | 13:22 | comments(3) | trackbacks(0) |
ハムのムースのテリーヌ
おいしそうです
素敵なテリーヌですね
さすがです

コメントありがとうございます
私的には前菜のイメージが強いです

| ryuji_s1 | 2011/01/23 1:43 PM |
Sivajiさん、こんにちは♪

ご無沙汰していてごめんなさい。

先日は、P/Cについてとても詳しくお教えくださって、ありがとうございました。
お礼に来なければと思っていたのに、とても遅くなってしまいました。
ブログの記事に、E-ドライヴって書きましたが、なぜ間違ったのか分かりませんが、フォーマットしたのはD-ドライヴです。

すごく綺麗な優しいピンクのテリーヌ。美味しそうですね。
ロースハムからこんなに素敵なレシピができるなんて。
外側の皮は外した方が変な香りがしないんでしょうね。

鴨のお料理、いただきたいです。
レシピを読んでいたら、ワインが目にチラチラ(^^)
| jugon | 2011/01/24 1:00 PM |
>ryuji_s1 さん。

前菜のイメージが強いのですね。少し料理紀行文で、デザートでオレンジのサラダなる記事を読んだもので、デザートのイメージも持ってしまいました。


>jugon さん。
ドライブレターですが、パーティションを複数分ける場合、Dの次はEとかになるので、おかしくは感じませんでした。(うちは、MとかNまであります)

ハムですが、これに使ったものは皮はなく、たこ糸?で縛られていたものでした。脂は多少、含んでもいいと思います。

鴨のポトフは甘さがブイヨンと追加した野菜からのものですので、このブイヨンがポイントになると思います。
一度けちってしまい、甘味が足りず、凡庸になったことがあります。
| Sivaji | 2011/01/30 3:34 PM |









http://cuisine.sinfonia-wld.com/trackback/914150