Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ドメイン取るなら
独自ドメインを取るなら、以下の二つがお奨めです
ムームードメイン  
RECENT COMMENTS
輸入食材、色々揃います
レシピで紹介している食材が見つからないとき。お近くの成城石井か、ネットで!
RECENT TRACKBACK
をお探しなら
レシピで紹介している肉類が見つからないときに
ARCHIVES
LINKS
ワインをお探しなら
レシピで紹介している料理とあわせるワインが見つからないときには、以下の 4つのサイトを比較検討してみてください
PROFILE
チーズを、お探しのときに
レシピで使っているチーズが、見つからないときに。
OTHERS
RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理、エスニック料理のレシピの紹介}

格安レンタルサーバー
低価格、大容量、安心のレンタルサーバー
グルメレシピはロリポップで運営しています
qrcode
PC 買うなら
PC 買うならドスパラが、お奨め、Sivajiも、数台、ここでカスタマイズして使っています
区切り線

フランス料理(フレンチ)レシピ、イタリアンレシピ 赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピ

フランス料理(フレンチ)、イタリア料理、エスニック料理のレシピ、赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピを紹介しています。

<印刷される方へ>
印刷される方のためにサイドバーやコメントは印刷されないように設定しています。普通にブラウザから印刷下さい。
<< 牛フィレ肉のロースト トリュフ風味のマディラソース | main | 塩ダラのポワレ 香味野菜添え >>
牡蠣のクリーム煮、カレー風
牡蠣のクリーム煮、カレー風

牡蠣のクリーム煮、カレー風

この料理は、料理紀行文の中に掲載されていたヴィヴァロワの料理の文章を参考にしたものです。文章では、「牡蠣を加熱して殻に入れ、カレーソースをかけたもの」とだけでしたので、自分なりに作ってみたものです。
ヴィヴァロワは、もう 15年以上前、私がフランスに滞在時、初めて伺ったミシュラン星付きレストラン。もう、店主、クロード・ペローさんの引退に伴い、10年以上前に閉店してしまった名店でした。

[1] 牡蠣と野菜の下準備
  1. 牡蠣は塩水につけて、塩水を交換しながら何度か洗います
  2. アスパラの穂先を塩茹でして冷水に落とし、水気を切っておきます
  3. プチトマトを 1/4 カットしておきます
  4. セルフィー湯の葉を取っておきます
[2] ソースのベースの用意
  1. エシャロット 1コ分を薄切りにします。エシャロットは切ったらすぐに使ってください。香りが飛びます
  2. エシャロットをバターで、しんなりするまで炒めます
  3. 白ワイン 100mlを加え、水分がなくなる手前まで煮詰めます
  4. スパイスとして、以下をあわせておきます。
    • カレー粉 小匙 1
    • クミン粉末 小匙 1
    • カイエンヌペッパー 少々
    • コリアンダー 少々
    • カルダモン 少々
[3] 牡蠣を茹でてソースを完成させる
  1. よく洗った牡蠣の水気を切ります
  2. 鍋に白ワイン 100ml を入れ沸騰させ、沸騰したら牡蠣を入れ、30秒、茹でます
  3. 茹で上がると牡蠣を保温し、茹で汁をペーパータオルで漉して、[2-3] のソースとあわせます
  4. 牡蠣の茹で汁を加えたソースを、水分がなくなる手前まで煮詰めます
  5. 生クリーム 75ml を加え、[2-4] のスパイスを加え、泡だて器で掻き混ぜながら、1/2 まで煮詰めます
  6. 味を見て、塩、胡椒し、牡蠣を加えて暖めます
  7. アスパラの穂先を熱湯にくぐらせ暖めます

  8. ボールに牡蠣、アスパラを盛り付けます
  9. ソースにレモン 1/2 個分の絞り汁を加え味を引き締めます
  10. ソースを流し、プチトマトとセルフィーユを飾って完成です

カレーの風味がしますので、あまり良いワインは、あわないでしょう。クリームも入っているのでミュスカデなどでは負けるかもしれません。
シャトー・ヌフ・デュパプなどのローヌの白、シャブリでもステンレスタンクで作られたもの、シャンパンあたりでしょうか。
アスパラも入っていて、どちらかというと、あまりワインにはあわない料理だと思います。

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ
 
| 前菜 (過去ログ6) | 16:04 | comments(3) | trackbacks(0) |
Sivajiさん

牡蛎 大好きです
彩りも綺麗な一皿ですね
美味しそうです
スパイスがきいていて嬉しいです

コメント有り難うございます
| ryuji_s1 | 2011/02/13 5:34 PM |
Sivajiさん、こんにちは。

牡蠣のお料理は、とても興味があります。
カレー風味ですね。
ワインは、赤でも良さそうですが、ここは思い切ってビールかしら?
| jugon | 2011/02/14 11:44 AM |
ryuji_s1 さん。
牡蠣の季節もそろそろ終わりですね。
牡蠣があると、便利なのですけど。

jugon さん。
牡蠣は色々遊べて、その割りに安いから便利です。
ワインですが、私的には、牡蠣など独特の魚介の風味が強いものに赤はどうかといつも思います。
赤ワインソースで仕上げたサーモンやスズキなどは別にして。
ビールは無難かもしれません。
私はインド料理屋では、ジンライムを好んで飲んでました。
ジンに含まれるクミンとライムの柑橘が、以外に楽しめると。
| Sivaji | 2011/02/20 11:20 AM |









http://cuisine.sinfonia-wld.com/trackback/914153