Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ドメイン取るなら
独自ドメインを取るなら、以下の二つがお奨めです
ムームードメイン  
RECENT COMMENTS
輸入食材、色々揃います
レシピで紹介している食材が見つからないとき。お近くの成城石井か、ネットで!
RECENT TRACKBACK
をお探しなら
レシピで紹介している肉類が見つからないときに
ARCHIVES
LINKS
ワインをお探しなら
レシピで紹介している料理とあわせるワインが見つからないときには、以下の 4つのサイトを比較検討してみてください
PROFILE
チーズを、お探しのときに
レシピで使っているチーズが、見つからないときに。
OTHERS
RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理、エスニック料理のレシピの紹介}

格安レンタルサーバー
低価格、大容量、安心のレンタルサーバー
グルメレシピはロリポップで運営しています
qrcode
PC 買うなら
PC 買うならドスパラが、お奨め、Sivajiも、数台、ここでカスタマイズして使っています
区切り線

フランス料理(フレンチ)レシピ、イタリアンレシピ 赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピ

フランス料理(フレンチ)、イタリア料理、エスニック料理のレシピ、赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピを紹介しています。

<印刷される方へ>
印刷される方のためにサイドバーやコメントは印刷されないように設定しています。普通にブラウザから印刷下さい。
<< 海の幸のブロシェット 香草風味 | main | 牛ミンチ肉のラザニア ナスのトマトソース >>
ブランダッド・モリュ
ブランダッド・モリュ

ブランダッド・モリュ

ブランダッド・モリュは、塩ダラとジャガイモのピュレをかき混ぜた料理で、南仏ニームの名物料理で、18世紀にデュランという料理人が作ったといわれているそうです。(出展:佐原秋生氏著

フランスレストラン紀行 (1979年)

中古価格
¥1,500から
(2011/8/7 15:22時点)


・カルテットの項より)
うまい訳語が見出せず、フランス語をそのままタイトルにしました。
塩ダラはなかなか手に入らないので、生のタラに塩をしたものを使っています。

[1] タラとジャガイモの下準備
  1. タラ、およそ 200 〜 220g の切り身に強めの塩をして、ペーパータオルに巻き、最低 4時間、できれば 8時間以上、置きます
  2. ジャガイモ 1コ(150g 前後)を皮付きのまま、串が通るくらいまで、塩茹でします
  3. ジャガイモが茹で上がったら、皮を剥いて置きます
  4. 皮を向いて、へたを取ったニンニク 2カケを牛乳で柔らかくなるまで煮ます
  5. ニンニクは煮上がったら、取り出し、煮た牛乳は残して置きます
  6. タイムの葉を大匙 1 分、取っておきます
  7. イタリアン・パセリのみじん切りを、大匙 1分、作っておきます
[2] タラを煮て、ジャガイモとニンニクのピュレを作る
  1. [1-5] の牛乳に、塩をしたタラ、ローリエ 1枚、パセリのみじん切り、タイムの葉を加え、火にかけ、沸騰してから 5分、煮ます
  2. タラが煮上がれば、取り出し、皮と骨を取り除きます
  3. タラを適当なサイズに、ほぐしておきます
  4. タラを煮た鍋の牛乳を漉して捨て、香草を鍋に戻し、ジャガイモとニンニクを加え、木ベラで潰します。ここでは、完全に潰す必要はありません
  5. オリーブオイルを加熱したテフロンパンに入れ、弱火で煮たタラを炒めます
  6. テフロンパンにピュレにしたニンニクとジャガイモを加え、木ベラで押さえるようにして、掻き混ぜます
  7. 生クリーム 50ml を少しずつ加え、掻き混ぜます

  8. バージンオイルを大匙 1 加え、掻き混ぜ、味を見て、塩、胡椒、ナツメグで味をつけます

    塩ダラとジャガイモのピュレをあわせる

  9. この時の味付けは、少し、塩が薄いかな程度で結構です
  10. ここまでを仕込んでおきます
[3] ブランダッドをオーブンで暖める
  1. 耐熱皿にバターを塗り、ブランダッドを入れ、180℃のオーブンで 3分、暖めます
  2. 焼きあがったら、皿に乗せて完成です。お好みでガーリックトーストなどを添えてもいいです

後日、これにチーズを乗せてグラタンにしたものも掲載します。基本は、上と同じです。

ニームの料理ですので、プロバンスの白でしょう。ミュスカデ、サンセールなどでも、いけると思います。


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ
 
| 魚 (過去ログ5) | 15:56 | comments(3) | trackbacks(0) |
Sivajiさん
イタリアにはバッカラという塩タラがあります
すっかり乾燥されていて戻して使う食材です
すごくおいしいものです

ブランダッド・モリュ
塩タラとじゃがいものピューレー

おいしそうです

いつも素敵なレシピ有り難うございます

嬉しいコメントに心より感謝です
| ryuji_s1 | 2011/07/24 7:04 PM |
Sivajiさん、こんにちは♪

ヨーロッパにはタラのお料理や加工品が多くありますね。
日本だとタラはそんなに美味しくてポピュラーなお魚の部類じゃないと思いますが、タラコを珍重するからかしら?
それとも、タラに対するこのイメージ、私だけかしら?

ブランダッド・モリュ、ハーブの香りでパンにのっけて食べるのが美味しそうです。
AOCにコスティエール・ド・ニームがありますね?
| jugon | 2011/07/29 1:47 PM |
ryuji_s1 さん。
塩タラは、ヨーロッパ各地にありそうですね。
本来のモリュも、塩をして干したものだそうです。

jugon さん。
日本にも乾燥のタラと言えば、京都の芋ボウで有名な、
ボウダラがあると思います。
また、北陸では、タラはそこそこ食べると思うのですが。
後、タラコはスケトウダラの子ですので、マダラとは、
また、違いますから、あまり関係ないかと。

AOC、あるようですが、日本では、見たことがありません。
品種から見て、ローヌ南、そのものですね。
一応、行政地区はラングドック地方のようですが。
| Sivaji | 2011/07/31 10:13 AM |









http://cuisine.sinfonia-wld.com/trackback/914175