Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ドメイン取るなら
独自ドメインを取るなら、以下の二つがお奨めです
ムームードメイン  
RECENT COMMENTS
輸入食材、色々揃います
レシピで紹介している食材が見つからないとき。お近くの成城石井か、ネットで!
RECENT TRACKBACK
をお探しなら
レシピで紹介している肉類が見つからないときに
ARCHIVES
LINKS
ワインをお探しなら
レシピで紹介している料理とあわせるワインが見つからないときには、以下の 4つのサイトを比較検討してみてください
PROFILE
チーズを、お探しのときに
レシピで使っているチーズが、見つからないときに。
OTHERS

阪神間での宝くじ toto販売 ドリームオン

大阪の宝くじ、toto販売 有限会社 中尾商店


RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理、エスニック料理のレシピの紹介}

格安レンタルサーバー
低価格、大容量、安心のレンタルサーバー
グルメレシピはロリポップで運営しています
qrcode
PC 買うなら
PC 買うならドスパラが、お奨め、Sivajiも、数台、ここでカスタマイズして使っています
区切り線

フランス料理(フレンチ)レシピ、イタリアンレシピ 赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピ

フランス料理(フレンチ)、イタリア料理、エスニック料理のレシピ、赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピを紹介しています。

<印刷される方へ>
印刷される方のためにサイドバーやコメントは印刷されないように設定しています。普通にブラウザから印刷下さい。
<< 舌平目のロースト プロヴァンス風 | main | ナスのカレー風チーズ焼き >>
鶏腿肉のソテー エストラゴン風味
鶏腿肉のソテー エストラゴン風味

鶏腿肉のソテー エストラゴン風味

鶏腿肉を皮面を下にして重石を乗せ、皮をパリパリにしあげ、エストラゴンとシェリーヴィネガーで作ったソースで食べる、お手軽な一品です。

[1] 野菜の下準備
  1. ニンニク 1個のへたを取ります。皮はつけたままにして置いてください
  2. アスパラの軸、サヤインゲンを一人前一本ずつ、塩茹でして冷水に落とし水気を切っておきます。アスパラの穂先はサラダにでも使ってください
  3. エリンギを適当なサイズに切り分けます。一人で 1/3 本ほどで結構です
  4. ナスは 1.5cm 厚の輪切りにします。一人一切れ程度で結構です
  5. ディルの葉を少量、取っておきます
  6. フレッシュのエストラゴンは最近、なかなか手に入らないので、エストラゴンの酢漬けを使います。
    これを二本分、葉を取り、葉だけをみじん切りにします(小匙 1程度)
  7. レモン 1/2 個分を、絞りやすい形に切っておきます
[2] 鶏腿肉をソテーする
  1. ニンニクを皮付きのまま、オリーブオイルをかけて、180℃のオーブンに入れて、15分ほどローストします
  2. 鶏腿肉は、地鶏などのしっかりした肉質のものを推奨します。
    名古屋コーチンあたりなら、サイズもあまり大きくなく、ちょうど良いと思います
  3. 鶏肉に塩、胡椒し、厚手のフライパンに、[2-1] のニンニクをローストしたオイルを入れ、熱し、中火で鶏肉を皮面から入れて焼きます。この際、フライ返しなどで押し付けて皮面が均等に焼けるようにします
  4. 皮面に焼き色が付いたら身のほうを軽く色づくまでソテーします
  5. 一度肉を取り出し、油を捨て、もう一度皮を下にしてフライパンに戻し、弱火にして、鶏肉の上に皿を置き、重石を置きます。下の写真では、クロックを重石に使っています

    重石を乗せてソテーする

  6. 途中、出てきた脂をスプーンで取りながら、火が通るまで弱火でソテーします。こうすることで、皮面から余分な脂が出て、皮面がパリパリに焼けます
  7. 火が通ったら暖かいところに身を下にして置いておきます
  8. フライパンを中火から弱火の間にかけ、残った脂と肉汁を分離させます。
    肉汁はフライパンの底に付いて、脂は浮いてきます。(カラメリゼという工程です)
  9. 上に浮いた脂をテフロン加工のフライパンに移します(野菜をソテーするのに使います)
  10. 脂を取ったフライパンに、シェリーヴィネガー 30ml、白ワイン 50ml を入れ中火にかけ、フライパンの底に付いた旨味を木ベラなどでこそげとリ、溶かします(デグラッセという工程です)
  11. もし、ここで、ソースが、デグラッセしたことによる砕片などが多い場合、一度、漉しますが、気にならない方や、あまりそれらがない場合は無視してください
  12. エストラゴンの酢漬けのみじん切り、小匙 1をソースに加え、半量まで煮詰めます
  13. レモンを絞ります
  14. 各種野菜、ローストしたニンニクを鶏の脂でソテーして塩、胡椒します
  15. 鶏肉の皮面を魚焼き機などで直火であぶります。(面倒なら、フライパンで皮面を軽くソテーしてください)
  16. ソースを温め、味を見て、塩、胡椒し、火から下ろし、バター少量を加え繋ぎます
  17. 暖めておいた皿にソースを流し、鶏肉、野菜を盛り付け、鶏肉の上にディルを飾って完成です

酸味があり、エストラゴンの香りがするソースですので、香草の香りがする、サンセールなどが、お奨めです

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ
 
| 肉 (過去ログ7)  | 13:43 | comments(4) | trackbacks(0) |
Sivajiさん
鶏腿肉のソテー エストラゴン風味
さすがすばらしいレシピありがとうございます。
おいしそうです
シェリービネガーを香りが違いますね

コメントありがとうございます。

パン粉に味をしみこませたものをパスタに振りかけます
簡単パスタです
| ryuji_s1 | 2011/10/23 2:11 PM |
ryuji_s1 さん。シェリーヴィネガーは、火を入れても酸味が強く残り、力強いところが魅力です。

パン粉に味をしみこませてパスタにかけるものになるのですね。
| Sivaji | 2011/10/31 12:49 PM |
Sivajiさん、こんにちは。

とてもご無沙汰していました。

私、エストラゴンの香りが大好きです。
エストラゴンの入ったヴィネガーがあるでしょう?いつもあれを使っています。
〆鯖にも使ってみたら、結構いい感じでした。
そう言えば、エストラゴンのフレッシュなものって見たことがないかも・・・。

シェリー・ヴィネガーも決めてなんですね。
| jugon | 2011/11/12 11:44 AM |
エストラゴン酢は私も、ヴィネグレを作るときに加えます。
一時期はフレッシュが手に入ったので、愛用していたのですが、最近は入手困難になり、瓶詰めを使っています。
このようにソテーならいいのですが、煮込みに使うと、少し、香りが弱く、酸味が出てしまうのが問題です。
シメサバにもいけますか?
シェリーヴィネガーは火を入れても甘くなるだけでなく、鮮烈さが残るところが使いやすいです。
| Sivaji | 2011/11/13 4:31 PM |









http://cuisine.sinfonia-wld.com/trackback/914187