Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ドメイン取るなら
独自ドメインを取るなら、以下の二つがお奨めです
ムームードメイン  
RECENT COMMENTS
輸入食材、色々揃います
レシピで紹介している食材が見つからないとき。お近くの成城石井か、ネットで!
RECENT TRACKBACK
をお探しなら
レシピで紹介している肉類が見つからないときに
ARCHIVES
LINKS
ワインをお探しなら
レシピで紹介している料理とあわせるワインが見つからないときには、以下の 4つのサイトを比較検討してみてください
PROFILE
チーズを、お探しのときに
レシピで使っているチーズが、見つからないときに。
OTHERS
RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理、エスニック料理のレシピの紹介}

格安レンタルサーバー
低価格、大容量、安心のレンタルサーバー
グルメレシピはロリポップで運営しています
qrcode
PC 買うなら
PC 買うならドスパラが、お奨め、Sivajiも、数台、ここでカスタマイズして使っています
区切り線

フランス料理(フレンチ)レシピ、イタリアンレシピ 赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピ

フランス料理(フレンチ)、イタリア料理、エスニック料理のレシピ、赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピを紹介しています。

<印刷される方へ>
印刷される方のためにサイドバーやコメントは印刷されないように設定しています。普通にブラウザから印刷下さい。
<< ナスの詰め物のチーズ焼き | main | 2011 クリスマス・イブの料理 >>
プロポ(鶏腿肉の水炊き)
プロポ(鶏腿肉の水炊き)

プロポ(鶏腿肉の水炊き)

ポトフの鶏肉バージョンがプロポです。この料理は、ブルボン王朝の始祖たるアンリ四世が「朕の望みは民が毎日曜日にこれを食べられることだ」と言ったという説話がある料理です。
煮汁はそのまま、フォン・ド・ヴォライユとして使えます。クリスマスに鶏のローストもいいですが、水炊きもまた、温まって良いと思います。
以下、およそ、1〜2人前です。(フランスでは鶏肉は 1/2 匹で一人前ですのが、日本人の場合、それほど食べないでしょうから、他の料理との兼ね合いで加減してください)

[1] 鶏肉と野菜の下準備
  1. 鶏腿肉 2本、鶏ウイング 12本を鍋に入れ、水を注ぎ沸騰させます
  2. 沸騰して、あくが浮いてきたら、湯を捨てて、肉を冷水で洗います。このとき、固まった血管やよごれを綺麗に洗い流してください。(ブランシールと言う工程です)
  3. ニンジン 1本は皮を剥き、3cm 幅の輪切りにします
  4. たまねぎ 1コを 1/2 にカットし、それぞれにクローブを 1本ずつ刺します
  5. ネギ 2本は青い部分を切ります。青い部分はブーケガルニに使ってください
  6. 蕪 1コは 1/2 に切り、皮を剥き面取りします
  7. セロリは茎の部分を切り取り皮を剥き、1/2 にカットします。歯の部分はブーケガルニに使ってください
  8. ネギの青い部分を広げ、タイム 3本、セロリの葉、パセリの茎(なければ割愛しても結構です)を乗せ、ネギの青い部分が全ての外側に来るようにしてタコ糸で縛ります。
    これがブーケガルニですが、面倒なら、市販のものを使ってください
  9. キャベツ 1/2 の芯を取り、熱湯に塩を加え 10分煮ておきます
[2] 鶏肉を煮る
  1. 鶏肉、ヒタヒタの水、ブーケガルニ、塩 大匙 1、胡椒 小匙 1、白粒胡椒 小匙1 を鍋に入れ沸騰させ、あくを取り除き、弱火にして、途中、何度かあくを取りながら、30分煮ます
  2. 30分後、タマネギ、ニンジンを加え、10分煮ます
  3. 10分後、セロリ、ネギ、蕪を加え 20分煮ます
[3] ココットに移して仕上る
  1. 又は土鍋に鶏腿、ウイング、野菜を移し、煮汁を漉して加え、キャベツを加え 5分煮ます
  2. 5分後、味を見て、塩、胡椒し、ココットのままサーブしてもよいですし、皿に盛り付けてサーブしても結構です
    プロポ(鶏腿肉の水炊き) 皿に盛り付けた場合

  3. 別皿にレモンやマスタード、グロセルやフルールを添えてください

マコンなどの中庸の白があいます。軽めの赤でも結構です。私はミュスカデと、あわせてみましたが、少し、軽すぎました。


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ
 
| 肉 (過去ログ7)  | 10:19 | comments(5) | trackbacks(0) |
SIvajiさん
プロポ あっさりしていて美味しそうです
丁寧な調理 ありがとうございます

すごく参考になります
| ryuji_s1 | 2011/12/18 8:23 PM |
Sivajiさん、こんにちは&メリークリスマス!

ポトフはよく知っていますが、鶏肉ヴァージョンをプロポと言うのを知りませんでした。

色も優しくて少し軽いお味で誰にでも好かれるお料理ですね。
ミュスカデが軽い感じでしたら、少ししっかりしたシャブリあたりが良いかしら?

今年のクリスマスは、飾り付けも忘れていて、お料理を何にするかもまだ決めていない始末です(^^ゞ

Sivajiさんも素敵なクリスマスをお過ごしくださいネ!
| jugon | 2011/12/24 12:12 PM |
ryuji_s1 さん。
正月用にブイヨンを取るために、いつもはウイングだけを使うのですが、ついでにということで、腿肉も加えてプロポにしてみました。

jugon さん。
ポトフは火(フ)の上の鍋(ポ)ですが、プロポは鶏(プーレ)の鍋(ポ)になります。トとかロになる部分は、〜のとかを示す、au がエリュジョンした形ですね。
シャブリの場合、ステンレスタンクではなく樽熟したものならばと思いますが、マコンあたりの方を推奨します。
クリスマスは今日掲載したイブの料理の残り物です〜。
| Sivaji | 2011/12/25 10:29 AM |
初めまして。ビスクのレシピ探しててたどり着きました。
プロポというのは初めて知りました。僕のポトフはプロポでした(笑)
ちょくちょく遊びにきますね。
ありがとうございました。
| mako. | 2011/12/27 11:46 PM |
mako. さん。始めまして。
ポトフ(火の鍋)は、牛肉を使う物が多いようです。
ミシェルゲラールのポトフ・デュ・ポトフ(†)は、鴨、牛尾、リ・ド・ヴォーなどのようです。
プロポは、鶏の鍋と訳せると思います。
プール(鶏)、au pot ですので。
potee となると、これ自体で煮込みを示しますが、この場合は、塩漬けの豚などの水煮になるのが一般的だと思います。
まあ、名称は、あまり気にしなくても、おいしい物ができればOKだと思います。
また、来てくださいませ。
mako. さんのブログへもリンクさせていただきました。
| Sivaji | 2011/12/30 4:22 PM |









http://cuisine.sinfonia-wld.com/trackback/914195