Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ドメイン取るなら
独自ドメインを取るなら、以下の二つがお奨めです
ムームードメイン  
RECENT COMMENTS
輸入食材、色々揃います
レシピで紹介している食材が見つからないとき。お近くの成城石井か、ネットで!
RECENT TRACKBACK
をお探しなら
レシピで紹介している肉類が見つからないときに
ARCHIVES
LINKS
ワインをお探しなら
レシピで紹介している料理とあわせるワインが見つからないときには、以下の 4つのサイトを比較検討してみてください
PROFILE
チーズを、お探しのときに
レシピで使っているチーズが、見つからないときに。
OTHERS
RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理、エスニック料理のレシピの紹介}

格安レンタルサーバー
低価格、大容量、安心のレンタルサーバー
グルメレシピはロリポップで運営しています
qrcode
PC 買うなら
PC 買うならドスパラが、お奨め、Sivajiも、数台、ここでカスタマイズして使っています
区切り線

フランス料理(フレンチ)レシピ、イタリアンレシピ 赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピ

フランス料理(フレンチ)、イタリア料理、エスニック料理のレシピ、赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピを紹介しています。

<印刷される方へ>
印刷される方のためにサイドバーやコメントは印刷されないように設定しています。普通にブラウザから印刷下さい。
<< 牛カルパッチョとモッツァレラの塔仕立て | main | 母の誕生日祝いに味舌さんへ >>
牛フィレ肉のグリル メートル・ドテル・バター添え
牛フィレ肉のグリル メートル・ドテル・バター添え

牛フィレ肉のグリル メートル・ドテル・バター添え

国産牛(F1種)のフィレをグリルし、メートル・ドテル・バターというブール・コンポゼ(合わせバター)の一種を添えた、お手軽料理です。以下、二人前です。

[1] メートル・ドテル・バターを作る
  1. 無塩バター 60g を常温にしばらくおいて、ポマード状にします
  2. ボールにバターを入れ、塩、こしょうし、パセリのみじん切り大匙 1、レモン汁 1/4〜1/3 個分を加え、よく練り合わせます。
    レモンの量はお好みで
  3. 十分練り合わせたら、ラップかホイルに棒状に包み、冷蔵庫で冷やします
  4. 多めに作っておくと、いろいろ使えます
[2] 野菜の下準備
  1. ジャガイモは皮付きのまま塩茹でして、熱いうちに皮をむいて、冷まします
  2. サヤインゲンは塩茹でして冷水に落とし、水気を切っておきます
  3. マッシュルーム 3個 は十字に 1/4 にカットしておきます
  4. プチトマトは 1/4 にカットしておきます
  5. ジャガイモが冷めたら、1cm 厚の輪切りにします
[3] 牛フィレをグリエして盛りつける
  1. 牛フィレ肉は厚さ、2cm くらいのものを、お好みの分量、2枚用意します
  2. グリルする 30分 〜 1 時間前には冷蔵庫から出しておきます
  3. グリル用のフライパンを熱し、サラダ油を塗っておきます
  4. 牛フィレに塩、こしょうし、1分グリルし、90度反転させ、1分グリルします
  5. ひっくり返して、同じように焼きます
  6. 鉄串をさして焼き加減を確認し、足りないようなら180℃のオーブンで 3〜5 分ローストして火を入れます
  7. 皿に取り、アルミホイルをかぶせ、暖かいところで、5分程、休ませます
  8. マッシュルーム、ジャガイモ、サヤインゲンをバターソテーします
  9. 250℃のオーブンで 30秒 〜 1分ほど暖めます。これはメートル・ドテル・バターが溶けやすくするためです
  10. メートル・ドテル・バターを 1cm 厚に 4 切れ、切り分けます
  11. 温めた皿に付け合わせの野菜を盛りつけ、フィレ肉を盛りつけ、その上にメートル・ドテル・バターを 2 切れずつ乗せて、完成です

軽めのボルドー、ロワールのシノンなど、コート・ド・ボーヌのピノ・ノワールなどでしょうか。イタリアの中程度の重さのワインも、いいと思います。

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ
 
| フレンチ・イタリアン 肉 | 13:45 | comments(3) | trackbacks(0) |
Sivajiさん

牛フィレ肉のグリル メートル・ドテル・バター添え
美味しそうです
牛肉の旨みがジワッと口の中で広がります

素晴らしいレシピ
うれしいです
有り難うございます
| ryuji_s1 | 2013/07/28 3:03 PM |
Sivajiさん、こんにちは。

メートル・ドテル・バターは美味しいですね。
サーモンのグリルとかにも定番ですね?
たくさん作って冷凍しておいたらいつでも使えて便利です。
元気の元はやっぱりお肉だそうですね!まぁ、お豆腐や卵も大切ですけれど、お魚とお野菜ばかりじゃ、だんだん小さくなって曲がって枯れるそうです。

先日、ご紹介くださったエストラゴンの香りの鶏肉のお料理、参考にさせていただいて作りました。
今日UPしましたが、Sivajiさんのブログをリンクさせていただきましたので、よろしくお願いいたします。
事後承諾で失礼しました。
| jugon | 2013/07/29 12:00 PM |
ryuji_s1 さん。昔は良く作っていたブール・コンポゼですが、久しぶりに作ると、なかなかだったので掲載してみました。

jugon さん。
おっしゃるとおり、後日、キングサーモンに合わせたものも掲載予定です。
夏場はとくに、赤身の肉がよいと思います。
リンクはしていただけるのは大歓迎ですので、こちらこそ、ありがとうございます!
| Sivaji | 2013/08/04 1:10 PM |









http://cuisine.sinfonia-wld.com/trackback/914274