Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ドメイン取るなら
独自ドメインを取るなら、以下の二つがお奨めです
ムームードメイン  
RECENT COMMENTS
輸入食材、色々揃います
レシピで紹介している食材が見つからないとき。お近くの成城石井か、ネットで!
RECENT TRACKBACK
をお探しなら
レシピで紹介している肉類が見つからないときに
ARCHIVES
LINKS
ワインをお探しなら
レシピで紹介している料理とあわせるワインが見つからないときには、以下の 4つのサイトを比較検討してみてください
PROFILE
チーズを、お探しのときに
レシピで使っているチーズが、見つからないときに。
OTHERS

阪神間での宝くじ toto販売 ドリームオン

大阪の宝くじ、toto販売 有限会社 中尾商店


RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理、エスニック料理のレシピの紹介}

格安レンタルサーバー
低価格、大容量、安心のレンタルサーバー
グルメレシピはロリポップで運営しています
qrcode
PC 買うなら
PC 買うならドスパラが、お奨め、Sivajiも、数台、ここでカスタマイズして使っています
区切り線

フランス料理(フレンチ)レシピ、イタリアンレシピ 赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピ

フランス料理(フレンチ)、イタリア料理、エスニック料理のレシピ、赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピを紹介しています。

<印刷される方へ>
印刷される方のためにサイドバーやコメントは印刷されないように設定しています。普通にブラウザから印刷下さい。
<< アコウのフレンチ風清蒸 香草とレモン風味 | main | 三種の魚介の冷製 香草マヨネーズ和え >>
アメリカ牛リブロース ステーキ パンチェッタ巻き
アメリカ牛リブロース パンチェッタ巻きステーキ

アメリカ牛リブロース ステーキ パンチェッタ巻き

以前掲載した、アメリカ牛ロースのグリエ ガーリック風味と似ていますが、以前のそれは厚みのそれなりにあるロースを使いましたが、最近、それが入手困難になり、厚さ 1.2cm くらいのステーキ用リブロースしか入手できず、それを、どう、美味しく食べるかを考え、厚さが足りないのなら丸めてみよう。そしてそれをベーコンで巻いてステーキにしてみようと考えて作ったのが、この料理です。
リブロース 1枚で 2人前くらいです。

[1] 野菜の下準備
  1. ジャガイモ 1個は皮付きのまま塩茹でして熱いうちに皮を剥いて冷えるまで置いておく
  2. ルッコラは適当なサイズにちぎり冷水につけて、ある程度置いたら水気を切って冷やしておく
  3. プチトマト 2個を 1/4 にカットする
  4. シメジ 1P 、マイタケ 1P は軸の部分を取り、適当なサイズにしておく
[2] リブロースを掃除してパンチェッタで巻く
  1. リブロースは中心当たりに筋があり、肉の部分が 2キレ取れますので、そこで分けます
  2. 軽く、塩、胡椒し、それをロール状に巻きます
  3. パンチェッタ数枚でロール全体を覆うように巻き付け、楊枝でとめます
  4. 30分くらい、常温(夏場の暑い時期はクーラーの効いた部屋)に置いておきます
[3] リブロースをステーキにして盛りつける
  1. フライパンを熱し、グレープシードオイルを入れてリブロースの周りのパンチェッタを、こんがりと焼く感じで、全面に焼き色を付けます
  2. 180℃のオーブンで 6〜8 分(太さによります)、ローストし、ボールにとり、アルミ箔をかぶせ、10分ほど休ませます
  3. ジャガイモは輪切りにし、バターソテーします
  4. キノコ類もバターソテーしてます
  5. オーブンを 250℃にします
  6. 肉の焼き加減を確認し、オーブンの中で、好みの火加減になるまで暖めます。アメリカ牛はミディアムレアくらいが美味しいと感じますので、およそ、3〜4分くらいでしょうか
  7. もう一度、ボールに入れて、3〜5分、休ませます
  8. 温めた皿にジャガイモ、キノコを盛りつけ、お好みのドレッシングで和えたルッコラとプチトマトを盛りつけます
  9. フライパンを熱し、休ませた肉の表面を軽く焼き、ブランデーをふりかけフランベします
  10. リブロースの楊枝を外し、2cm 位の輪切りにし盛りつけます
  11. 肉を焼いたフライパンに、ボールに残る肉汁、少量のミスを加え、鍋底の旨味をしゃもじなどでこそげ取り、それをシノワで漉して、暖め、塩、胡椒してソースとします
  12. リブロースの上からソースをかけて完成です

アメリカ牛の赤身の味わいとパンチェッタの脂の旨味がメインですので、中程度の赤ワインを、お奨めします。シノンなどのロワールの赤、イタリアのモンテプルチアーノ・ダブルッツォ、ボージョレなどでしょうか。

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ
 
| フレンチ・イタリアン 肉 | 17:06 | comments(3) | trackbacks(0) |
Sivajiさん

アメリカ牛リブロース ステーキ パンチェッタ巻き
美味しそうです
パンチェとの塩気が
うれしいです
素晴らしいレシピ
いつも
有り難うございます
| ryuji_s1 | 2013/08/18 8:15 PM |
Sivajiさん、こんにちは。

初めからカットしてあるお肉って、どうしてあんなに薄いのでしょうね?いろいろあるならまだしも一定のものばかり。
厚いのが欲しい人は、対面でカットしてもらってくださいということなのかも知れませんが。

こちらのお料理はSivajiさんが書いていらっしゃる通り、お肉の美味しさにパンチェッタの旨みが加わってさぞかしと思います。

アコウはハタの一種だったのですね?
関東では、ハタを余り見かけません。
ありがとうございました。
| jugon | 2013/08/19 4:15 PM |
ryuji_s1 さん。最近は、こればかり食べてます。
なにせ、肉が安いので。ただ、パンチェッタが入らないのでベーコンで代用してます。

jugonさん。ごつい塊は予約しておかないと入らないですね〜。少し高いスーパーなら対面でブロックあるのですが、
和牛ばかりなんですよね〜。

ハタは南の魚なので、関東では少ないのですかね〜?
| Sivaji | 2013/08/25 7:01 PM |









http://cuisine.sinfonia-wld.com/trackback/914277