Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ドメイン取るなら
独自ドメインを取るなら、以下の二つがお奨めです
ムームードメイン  
RECENT COMMENTS
輸入食材、色々揃います
レシピで紹介している食材が見つからないとき。お近くの成城石井か、ネットで!
RECENT TRACKBACK
をお探しなら
レシピで紹介している肉類が見つからないときに
ARCHIVES
LINKS
ワインをお探しなら
レシピで紹介している料理とあわせるワインが見つからないときには、以下の 4つのサイトを比較検討してみてください
PROFILE
チーズを、お探しのときに
レシピで使っているチーズが、見つからないときに。
OTHERS
RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理、エスニック料理のレシピの紹介}

格安レンタルサーバー
低価格、大容量、安心のレンタルサーバー
グルメレシピはロリポップで運営しています
qrcode
PC 買うなら
PC 買うならドスパラが、お奨め、Sivajiも、数台、ここでカスタマイズして使っています
区切り線

フランス料理(フレンチ)レシピ、イタリアンレシピ 赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピ

フランス料理(フレンチ)、イタリア料理、エスニック料理のレシピ、赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピを紹介しています。

<印刷される方へ>
印刷される方のためにサイドバーやコメントは印刷されないように設定しています。普通にブラウザから印刷下さい。
<< 鶏腿肉のパン屋風 | main | タコのマリネ バジル風味 >>
知人とタイ料理へ

知人とタイ料理へ

昔、仕事をお手伝いしていた方と久しぶりに会うことになり、その方のリクエストでタイ料理へ。近所にあるタイ料理ながら、なかなかディープなものを出してくれるので、プローイタイを選びました。
ただし、海外に行ってしまった友人との訪問では無いので、この日は辛さを一段階だけ辛くして貰うに留めました。
(友人となら、「あなた方(タイ人)が普段食べるのと同じ辛さで」とするのですが・・・)


エビのタイ風薩摩揚げ

タイ風薩摩揚げのエビバージョンです。これは辛くなくエビの甘みが出ていて誰でも食べられるものでしょう。


ソムタム

ソムタム・プララー。タイ料理の有名な青パパイヤのサラダです。プララーというタイのアンチョビ(それより生っぽい)とでも言いましょうか、それが入っているのが、ソムタム・プララー。入っていない普通のソムタムもあります。
サラダ系は生の唐辛子が入るためか、知人は辛い〜と叫んでおりましたが、私にはまだまだ、物足りない辛さでした。


ラープ・ムー

ラープ・ムー。豚ミンチのサラダです。これも辛い料理として有名ですが、今回は、「かなり」控えめでした。


ナムトク

ナムトク。牛肉のサラダです。私自身はヤン・ヌアという、よく似たタイ風牛肉サラダを作るのですが、それとは味付けが違います。より、コクがあるように思えるのがナムトクです。


パッカパオ

パッカパオ。タイ風豚ミンチのバジル炒め。この店はミンチでは無く豚の生姜焼き程度の厚さの肉を使うのが定番なのですが、私はミンチが好きなので、ミンチで作ってくれといつもオーダーしています。
これも、辛い料理に仕上がることが多いのですが、今回は、相当控えめ。


トムヤムクン

トム・ヤムクン。定番のスープです。このお店は少量のココナッツミルクを入れているのか、旨味が強く、味は濃いめで爽快感はありませんが、深みのある味わいは好ましく思えます。


ガイヤーン

ガイヤーン。タイ風の焼き鳥です。皮がパリっと焼けています。これは辛くない料理なので、誰にでも好まれる味。


牛肉胡椒炒め

牛肉の胡椒炒め。これはどちらかというと、中華っぽい料理。


パッタイ

パッタイ。タイ風の焼きそばです。ここまで、知人が 1/3 程度しか食べないので、私も相当満腹になり、ご飯物で、いつもオーダーするカオ・マンガイ(タイ風鶏飯)をオーダーできませんでした。
パッタイには、自分で唐辛子の粉末やら、唐辛子入りの酢などをかけて好みの味付けにして食べました。


卵焼き

これで、もう殆ど入らないと言うときに、サービスで卵焼きを持って来てくれました。中には香草と豚ミンチなどが入っており、なかなか美味しかったですが、これで、もう入らないという感じに。
知人も満足してくれましたし、今回は辛さ控えめながらも満足できたので、また、家族とでも来ようかと思いました。
それに何よりタイ料理は安い。生ビール 5杯、シンハビール 1本と、これだけ食べて、二人で¥10000 を少し出る程度。
ただし、檄辛にするとお財布には優しいですが、胃には厳しくなってしまいますが・・。

JUGEMテーマ:グルメ
 
| グルメレビュー(中華・エスニック) | 15:43 | comments(3) | trackbacks(0) |
Sivajiさん
素適なタイ料理のレストラン
お料理ですね
塚口にあるお店ですね
行って見たくなりました
お店紹介
有り難うございます
| ryuji_s1 | 2013/11/17 5:14 PM |
Sivajiさん、こんにちは。

Sivajiさんはお料理は何でも詳しくていらっしゃいますね。
タイでいただいたタイ料理は、とても辛かったけれど、あれでも現地の方には辛さ控え目だったのでしょうね?
と、いうことは、Sivajiさんが普通にオーダーなさるのは、私も食べられないですね?女性としては結構辛いのOKだと思っているのですが(^^)
そして、ハーブが上手に使ってあるところもタイ料理の良いところですね?パッカパオが美味しそう。
ガイヤーンの皮の色、パリパリ感が伝わります。
| jugon | 2013/11/18 11:40 AM |
ryuji_s1さん、そうです。狭いですが、なかなかディープですので、是非!

jugon さん。そうですね〜、私のオーダーする辛さは、タイ、インド、ネパールなどに長く在住して慣れている友人くらいじゃないでしょうか。耐えられるのは。
今回は、ハズしましたが、生のエビの上に、大量の生の唐辛子のみじん切りが乗っている料理がここでは、一番、辛い料理です。
ハーブを使うのは、タイとベトナムの共通点でしょうか。
辛さは全然違いますが。
| Sivaji | 2013/12/01 5:10 PM |









http://cuisine.sinfonia-wld.com/trackback/914285