Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ドメイン取るなら
独自ドメインを取るなら、以下の二つがお奨めです
ムームードメイン  
RECENT COMMENTS
輸入食材、色々揃います
レシピで紹介している食材が見つからないとき。お近くの成城石井か、ネットで!
RECENT TRACKBACK
をお探しなら
レシピで紹介している肉類が見つからないときに
ARCHIVES
LINKS
ワインをお探しなら
レシピで紹介している料理とあわせるワインが見つからないときには、以下の 4つのサイトを比較検討してみてください
PROFILE
チーズを、お探しのときに
レシピで使っているチーズが、見つからないときに。
OTHERS
RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理、エスニック料理のレシピの紹介}

格安レンタルサーバー
低価格、大容量、安心のレンタルサーバー
グルメレシピはロリポップで運営しています
qrcode
PC 買うなら
PC 買うならドスパラが、お奨め、Sivajiも、数台、ここでカスタマイズして使っています
区切り線

フランス料理(フレンチ)レシピ、イタリアンレシピ 赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピ

フランス料理(フレンチ)、イタリア料理、エスニック料理のレシピ、赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピを紹介しています。

<印刷される方へ>
印刷される方のためにサイドバーやコメントは印刷されないように設定しています。普通にブラウザから印刷下さい。
<< キスのファルシ ア・ラ・ヴァプール ソース・アメリケーヌ | main | オマールパーティー >>
2014 恒例の一人バレンタイン

2014 恒例の一人バレンタイン

今年も寂しく一人バレンタインを。例年、エビフライと牡蠣フライなのですが、年のせいかフライものを食べすぎると翌日胸焼けするので、今年はエビを使って新作をと考えました。

アミューズにアサリを食べ、前菜は帆立貝とスモークサーモンのガトー仕立てを。


魚介のシチュー

魚料理が新作、魚介のシチュー。これは後日掲載しますが、大本はラセールの 1974 年のシチュー。これを佐原さんの書籍の記述、「ホタテ貝と伊勢エビとエクルヴィスの尾をスープで飲めるほどの濃さのソースで、中庸のとれた味」という記載から考え、クラッシックな料理を当時、出していたラセールのことだから、ルー・ブラン(バターと小麦粉、同量を色づけないように炒めたもので、ここに牛乳を入れるとベシャメル{ホワイトソース}になる)を使っているだろうと推察。
ただ、ルー・ブランを使うと重くなるので、野菜を軽く炒めた後、小麦粉を少量振りかけて炒めることで、代用しました。
アサリのだしと、エビの頭などを加えソースとし、軽く煮て、100℃のオーブンで暖めた帆立とエビを加えたものです。


この後、牛肉で終わりにする予定でしたが、思っていたよりもシチューの量が少なく、残ったソースにクリームを足して 80g くらいのパスタを。


メイン

肉料理は適当です。恒例のボランジェを飲んだのと、生クリームが残っていたので、焼いた牛肉をコニャックと少量のノイリーでフランベし、オーブンで焼いて、ソースは白胡椒と赤胡椒(本当は緑胡椒が欲しかった)を加え、肉を休ませている間に出た肉汁を加え、生クリームで繋いだもの。
これは、遊びなので掲載しません。


チーズを少し食べて、いきつけのケーキ屋さんがなくなっていたので、スーパーで買ってきたケーキを食べて、今年も無事、終了。
まあ、新作が予想どおりの味に仕上がったので、満足でした。

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ
 
| その他  | 16:12 | comments(3) | trackbacks(0) |
Sivajiさん
帆立貝とスモークサーモンのガトー仕立て
牛肉のお料理
素敵な料理
おいしそうです
素晴らしい料理レシピ
有難うございます
| ryuji_s1 | 2014/02/16 4:18 PM |
Sivajiさん、こんにちは♪

Sivajiさんはお料理のプロですから、一人でも素敵なヴァレンタインを演出できますね。
Sivajiさん、フライもたくさん召しあがりますものね?(^^)

"野菜を軽く炒めた後、少量の小麦粉をふりかけて炒める" ことでルーにとろみ付けをされたのですね?
レシピを楽しみにしています。
| jugon | 2014/02/17 11:27 AM |
ryuji_s1さん、帆立とサーモンは、イベントの時の定番になりつつあります。

jugon さん。最近は、フライの食べ過ぎは翌日が辛いです。
野菜を炒めた後、小麦粉を振りかける作業、サンジェは、牛肉の赤ワイン煮(ブフ・ブルギニョン)などにも使うことがありますが、ルーを使うよりは軽く仕上がると思います。
| Sivaji | 2014/03/02 4:34 PM |









http://cuisine.sinfonia-wld.com/trackback/914292