Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ドメイン取るなら
独自ドメインを取るなら、以下の二つがお奨めです
ムームードメイン  
RECENT COMMENTS
輸入食材、色々揃います
レシピで紹介している食材が見つからないとき。お近くの成城石井か、ネットで!
RECENT TRACKBACK
をお探しなら
レシピで紹介している肉類が見つからないときに
ARCHIVES
LINKS
ワインをお探しなら
レシピで紹介している料理とあわせるワインが見つからないときには、以下の 4つのサイトを比較検討してみてください
PROFILE
チーズを、お探しのときに
レシピで使っているチーズが、見つからないときに。
OTHERS
RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理、エスニック料理のレシピの紹介}

格安レンタルサーバー
低価格、大容量、安心のレンタルサーバー
グルメレシピはロリポップで運営しています
qrcode
PC 買うなら
PC 買うならドスパラが、お奨め、Sivajiも、数台、ここでカスタマイズして使っています
区切り線

フランス料理(フレンチ)レシピ、イタリアンレシピ 赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピ

フランス料理(フレンチ)、イタリア料理、エスニック料理のレシピ、赤ワイン煮込みなど家庭でできるレシピを紹介しています。

<印刷される方へ>
印刷される方のためにサイドバーやコメントは印刷されないように設定しています。普通にブラウザから印刷下さい。
<< スモークサーモンの香草サラダ巻きロール | main | 豚ロース肉と野菜のタジン レモン風味 >>
ピッツェリア トリケラで父の日と誕生会をかねて

ピッツェリア トリケラで父の日と誕生会をかねて

母の日に使ったトリケラで、だいぶ遅れて父の誕生会と、父の日をかねて。料理は今回も、全てア・ラ・カルトでオーダーし、取り分けて楽しみました。


岩牡蠣 ラヴィゴットソース

岩牡蠣 ラヴィゴットソース
岩牡蠣の植えに、野菜のみじん切り入りのヴィネグレットというソース・ラヴィゴットをかけたもの。いつも自分で定番のエシャロット赤ワイン酢よりも複雑にて高貴な味わいに。
これには、ヴァンムスーを。


ソーモンティエド

ソーモンティエド
軽く焼いたサーモン。ただし、これはブルディガラなどが出す、ミキュイの方が食感がよい。一度、ブルディガラで食べてみればと、シェフにアドバイスしました。


パテ・ド・カンパーニュ

パテ・ド・カンパーニュ
前回は、なかったので、今回は作ってくれるようにオーダー。この料理は作る人によって、その個性が出て、面白いです。この辺から、持ち込んだ白ワインに。


ナスのサマートリュフソース

なすと野菜のオーブン焼き? サマートリュフのソース
これは新作でした。サマートリュフが、しっかり香り、なかなかの出来映え。


生パスタ

生パスタ
水餃子のような感じで、名前は失念。もちもちの生地がよくできてました。


ゴウヤの包みピザ

ゴウヤの包みピザ
ゴウヤを使ってというリクエストを数日前に受けたようで、それで思いついたらしいピザ。
シェフはゴウヤが苦手らしく、甘く少しの酸味?をつけて調理し、それをピザで包んで焼いたそうで、ゴウヤの癖は少なくなっていますが、閉じ込めたことで香りが切った瞬間に立ち上り大成功を収めていました。


鴨のコンフィ

鴨のコンフィ
これもは、外せません。ここから、持ち込んだブルゴーニュ・ルージュで。


カスーレ

カスーレ
前回は間に合わなかったカスーレ。今回は是非にと頼んで作って貰いました。これを是非、名物にして欲しい。


仔牛のマレンゴ風

仔牛のマレンゴ風
これも、必ずオーダーする一品。ここから、ランシュバージュに。


ピクルス

ピクルス
次の料理まで時間がかかるとのことで、合いの手に。


仔羊のロースト

仔羊のロースト
ランシュバージュを開けるとのことで、オーダー。ピザ釜でローストしたそうで、もう少し、火を入れた方が旨味が出たと。付け合わせが面白く、ヤングコーンをピザ釜で焼いたもの。


牛ほほ肉の煮込み

牛ほほ肉の煮込み
これも、必ずオーダーする一品。


今回のワイン

今回のワイン
白はグラーブのドワジーデーヌ。熟成感も出てきていて、かなり、よかった。
赤はランシュバージュ。安定の味わい。      


彼がここに来てくれて、本当に助かってます。今回もこれだけ食べて、ワイン持ち込み料を含み、一人¥10000程度。新作にも挑戦しますが、昔ながらの料理も作る。時代に流されない、基本を忠実に守る姿に、この若いシェフの未来を楽しみにできると感じます。
なにかイベントがあるとき、かなりの頻度で使うことになるでしょう。(実際、母の誕生会も、二週間後に、ここでしました。)

JUGEMテーマ:グルメ
 
| グルメレビュー(フレンチ・イタリアン) | 14:54 | comments(3) | trackbacks(0) |
Sivajiさん
ピッツェリア トリケラで父の日と誕生会
お父様の誕生日
おめでとうございます
素晴らしいレストランで
おいしい料理
素敵です
| ryuji_s1 | 2014/09/14 3:17 PM |
Sivajiさん、こんばんは☆

お父さまのお誕生日、おめでとうございました。

相変わらずの美味しそうなお料理の数々。どれもいただいてみたいものばかりです。
特に最初の岩牡蠣のラヴィゴットソース、茄子と野菜のオーヴン焼き、子羊のローストかしら(^^)
これだけのお料理と持ち込み料でそのお値段はものすごく良心的ですね。Sivajiさんご一家は特別なのかしら。
良いお店が近くにあるっていいですね。少しくらい遠くてもそういうお店を知っているのは財産です。
| jugon | 2014/09/14 10:12 PM |
ryuji_s1 さん。まだ、30代前半のシェフですが、流行の料理には見向きもせず、地方料理などに目を向ける期待の出来る料理人です。

jugon さん。一皿一皿、値付けは安いです。
オートキュイジーヌではないですが、いいものを作ってます。
| Sivaji | 2014/09/28 5:33 PM |









http://cuisine.sinfonia-wld.com/trackback/914300